読み聞かせ

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220038j:image

 

子供部屋から、昔作った手作り絵本が発掘されました。

次女が生まれたばかりのようだから8年前の作品です。

小さい頃から我が道を行く長女は、夜更かししてお絵描きしたり、折り紙したり、創作活動をしておりました。さすがにもう少し早く寝なきゃダメだと思って、この絵本を作った記憶があります。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220725j:image

 ※多少刺激が強い表現が含まれておりますのでご注意下さい。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220842j:image

昔々あるところに、ナツという夜に寝ない人が住んでいました。

「もう11時なんだから早く寝なさい!ぶん殴るよ!」

母ちゃんが怒っています。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221034j:image

「やだもーん」

ナツは母ちゃんの言うことを聞かずにいつまでも起きていました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221137j:image

夜中なのに一人で遊んでいます。

しばらくすると、後ろに誰かがいる気配がしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221245j:image

あ”あ”あ”…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221344j:image

「母ちゃん、母ちゃん!大変だ!お化けがいるよ!」

ナツは大慌てで母ちゃんを起こしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221452j:image

「ふんがー!!」

母ちゃんはお化けになってました。

「うぎゃーっ!」

ナツはビックリして妹のチーちゃんを起こしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221626j:image

 「バブウー!」

チーちゃんもお化けになっていました。

「ぎゃああああ!!」 

ナツは大慌てで父ちゃんの部屋に行きました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221808j:image

「あ、父ちゃん起きてたんだ!母ちゃんとチーちゃんがお化けになっちゃったの!」

父ちゃんは暗闇の中で静かにたたずんでいます。

「…父ちゃん?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222057j:image

「あ”あ”あ”あ”〜…」

父ちゃんは父ちゃんが大好きなゾンビになっていました。

「うぎゃー!」

ナツは逃げ出しました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222535j:image

「おっと、逃しはしねー。」

ナツはさっきのお化けに捕まりまってしまいました。

「ケケケ…。お化けタイムまで起きているからこういうことになるんだぜ。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222726j:image

「えーん、えーん!今度から早く寝るから許してよう!」

ナツは泣きながらお化けに言いました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222838j:image

「ほんとうか?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223118j:image

「うん!」

「よし、それなら少し時間を戻してやろう。」

お化けはそう言って時計を指差しました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223232j:image

クルクルクル〜

11時半だった時計は9時になりました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223348j:image

時間が戻って、みんなお化けになっていません。

「ナツ、今日から早く寝るよ!」

「あら、えらいね〜」

母ちゃんに褒めらました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223554j:image

それからというもの

夜に寝ないナツは、夜は早く寝るナツになりましたとさ。

おしまい。

 

 

 

この絵本は著効があり、長女は寝るようになりました。

もし寝ない子がいらっしゃいましたら、この絵本を読み聞かせてあげてみて下さい。

 

 …いや、子供の絵本にゾンビとかダメですね(笑)