川島治療院 院長日記

江別市野幌町にある治療院です

夏休み函館旅行

毎年お盆前後は遠方からいらした方の施術をする機会がとても多いから今年は実験的にお盆休みはとらず、平日8/10(水)に夏休みをとる事にした。キャンプ予定だったが、天候が悪いため急遽函館旅行に変更した。

旅行前日、母ちゃんが頭が痛いと訴えてきたので、夕方の空き時間に鍼をした。みるとどうやら水捌けが悪くなっているようだ。

ジメジメと蒸し暑いこの時期はその影響を受けて調子を崩されている方がとても多い。

体幹を大まかに整えて、足の除湿スイッチを入れる。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811042024p:image

左足から。左足が白くなっているのがお分かり頂けるだろうか。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811042039p:image

右足も。

画像上部の時間を見るとたった1分で右足も白くなっているのが分かる。ホントに自然治癒力は偉大ですな。

ここから首の付け根から頭に滞った余分な水を下ろすイメージで鍼をすると、頭痛はスッと取れた。翌日にかけて、オシッコがどばどばでスッキリだったらしい。良かった、これで函館で暴飲暴食できますね!

 

朝6時半出発。今回は小樽方面から海沿いに南下し、寿都から長万部に抜けて、函館に向かうコースにしてみた。

10時函館に到着。まずはみんな大好きラッキーピエロ

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811045639j:image

次女チョイスのスノーバーガー。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811045644j:image

私はチャイニーズチキンバーガー、母ちゃんはチーズバーガー、長女はトンカツバーガー。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811045641j:image

美味しいね。

 

次は土砂降りの中、あいす118さんにて

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054148j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054151j:image

かんぱーい!

 

続きましては湯倉神社。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054333j:image

雨の神社もなかなか風情があって良いです。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054327j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054321j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054318j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054330j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054324j:image

 

植物園。平日だからどこも空いていて良いですな。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054540j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054710j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054650j:image

お猿さんにエサをあげます。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054653j:image

ナイスキャッチ!

 

金森倉庫。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054809j:image

子供達はクレープを。よく食うな。

 

 

さて夜になったのでメインイベントの居酒屋です。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054839j:image

かんぱーい!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054926j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054937j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811054948j:image

ああ美味かった。

8時半就寝。

 

翌朝4時半頃起床、ブログ書いて、5時に温泉入って

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811070711j:image

6時。朝からいくら丼、海鮮丼、函館塩ラーメン…

7時、雲の中の函館山に。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811091207j:image

雲がみるみる消えていくのを楽しんだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811091732j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811091744j:image

おお!すごい!

下山する頃にはまた曇りだしたので、一瞬の晴れ間だったようだ。

 

帰り道、ハセストの焼き鳥弁当買って

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220811091914j:image

これから帰路につきます。

ガチでキャンプ、ウザい

夏休みに入って子供達が昼に家にいるようになった。昼休みに二階の自宅に上がると、次女が友達と通話アプリでキャッキャしながらゲームをしているようで、私が上がった事に気付いていないようだった。

母ちゃんが薬局勤めに行く前に作ってくれた昼食のクリームパスタを温め直していると、「ガチでキャンプ、ウザい」という次女の友達との会話が聞こえた。

心臓が凍りつくかの如く衝撃で、しばらく呆然とその場に立ち尽くした。

そうか、キャンプ、ウザかったのか。そうだよな、もう中二だから家族より友達と遊んでいた方が楽しいよな。一般的な場合より結構付き合ってくれた方かも知れない。

子供達と一緒にたくさんキャンプできて、良い思い出になった。うむ、いずれこうなるとは分かっていたさ。寂しいけど仕方ない。

せっかく母ちゃんに作ってもらったのに、あれこれ考え事しながら食べたクリームパスタは味は分からなかった。

 

夜。両親が差し入れてくれた夏野菜の天麩羅をみんなでつついた。蚊取り線香のいい匂いと冷たいビールは心を癒してくれた。

ずっと前から今週土曜日は海キャンプの予約を入れてあった。これが次女との最後のキャンプになってしまうのだろうか。釣りが好きだから最後にふさわしい。気持ちが少し落ち着いたので、勇気を出して次女の本心を聞いて、今後の事を考えよう。

 

「昼休みに聞こえたんだが、チビはもうキャンプ嫌だったんだ?」

 

「ん?なんで?」

 

「なんか、昼に友達と話してたじゃん。ガチでキャンプ、ウザい。って。」

 

「あ〜、あれ、スプラ(スプラトゥーンというゲーム)の武器の事だよ。テントみたいな武器で通称キャンプ。」

 

「は、はへ!?ズコーッ!」

 

「草」

 

ゲームに出てくるキャンプという強力な武器の事を、友達とガチでウザいと話していたようだった。

 

 

という事で無事にウキウキ気分で海キャンプに行けた。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731170515j:image

美しい山と海に囲まれた素晴らしい場所。

 

汗だくになって設営した後、シュノーケリングを楽しんだ。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731170527j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731170537j:image

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192215j:image

キンキンに冷やした患者さんに頂いたミニトマト

身体のほてりを見事に冷ましてくれる。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192210j:image

晩飯は焼き鳥。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192212j:image

残り火で線香花火を楽しんで、圧倒的な美しさの星空と流れ星を観察してから寝た。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731170643j:image

翌朝はロックフィッシュ。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731170532j:image

開始5分でソイ、ガヤが3匹釣れた。

30分で本日の晩御飯分が釣れたので撤収。

 

帰ってから釣った魚を余すところなく頂いた。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192707j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192701j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20220731192704j:image

自分で釣った魚は格別でしょ!

 

一番満喫してるっぽいのは次女のような気がした。

ガチでキャンプ、ウザくなくって良かったですわ…。

おキクさんレシピ

思ったよりかなりのご好評頂いております、キクイモチップのおキクさん。アレンジレシピを紹介させて頂きます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081148j:image

我が家ではおキクさんを3〜5枚ほど食前にポリポリ食べるのを基本としております。残りかすは味噌汁に入れるなどすると美味しいです。

 

他にも色々レシピがあります。

例えばおひたし。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081222j:image

出汁に醤油を入れて、おキクさんの残りかすを入れます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081528j:image

5分くらいでこんなに膨らみます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081601j:image

ほうれん草を浸してしばらく放置。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081632j:image

ほうれん草とキクイモのおひたし。

シャキシャキした食感がとてもグッド。

 

西洋料理にも結構いけます。

例えばアヒージョ。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081855j:image

酒におキクさんの残りかすを入れます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724081933j:image

塩胡椒したエビを入れてしばらく放置します。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082011j:image

スキレットなど小さなフライパンにオリーブオイルと少量の塩、ニンニクを入れて火をつけます。強火です。

周りが汚いのは見ないでね。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082101j:image

回しながらニンニクがうっすら色づいたら先程のエビとおキクさんを入れます。本当は鷹の爪入れたかったのだけど、切らしていて入れてません。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082242j:image

ゴワー!とファイヤーするので

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082318j:image

蓋します。

1分くらい蒸し焼きですな。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082412j:image

これはなくてもいいと思うけど、爽やかさが欲しかったのでカルディで買った冷凍レモンを乗っけて

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082524j:image

エビとキクイモのアヒージョ。火をつけてから3分以内に出来るという簡単レシピ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220724082654j:image

ぷりっぷりのエビとシャキシャキのキクイモは最高のコンビ。ビール何杯でもいけます。

キクイモのデトックス作用でビール何杯でも飲んでも大丈夫!

あ、それはダメですな…

川湯

この連休、次女が部活のため、両親と長女と道東の川湯温泉へ行ってきた。川湯温泉は両親のお気に入りなのだが、家から約370キロとかなり遠い。78歳になる父親は目がショボショボするらしく長距離運転がしんどくなってきたようなので、一緒に行く計画を立てた。

日曜日朝、曇り空のもと出発。旭川から遠軽の方へ向かう。高速道路を降りた頃からワイパーをHIで回すほど土砂降りになり、何とかコンビニでビールと軽いつまみを買って、旅館に転がり込んだ。

本日は欣喜湯別邸忍冬という、初めて行く旅館だった。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718164319j:image

ひとっぷろ浴びてビール!

ここのお湯は川湯温泉にしてはマイルドだったな。

鍼を持ってきていたので父親の目の施術をした。視野が広くなったと言われた。

母親にも鍼をした。翌朝、こんなにぐっすり寝たのは久々と言われた。

両親と酒を飲むのはずいぶん久しぶりだった。少し衰えていると思いきや、豪快な飲みっぷりと食い意地の張りっぷりをみると、まだまだ元気いっぱいのようだった。

翌朝5:30、プシュッという音で目醒めた。

父親が満面の笑顔で、今回は運転なしだからな、と朝ビールをあおった。さすが俺の親父、と思った。

 

天気予報が大外れで晴天となった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718165601j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718165730j:image

登別温泉なんかとはまた違った強烈な臭気を放つ温泉がどんどん湧き出ていた。その強烈なパワーによって、肌が自分の肌じゃないみたいにツルツルになった。

 

チェックアウトして、あまり人がいなさそうな観光地に寄ってから帰る事に。

 

清里、さくらの滝。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718170058j:image

写真が上手く撮れなかったが、滝を大きなマスがジャンプして登ろうと頑張っていた。

 

神の子池。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718170230j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718170221j:image

神秘的な青に魅入った。

 

裏摩周展望台。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718170357j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220718170400j:image

こっちから摩周湖を見るのも素晴らしい。

 

美しい大自然をたくさん見れて、良い思い出になりました。

台場

先週に引き続き、今週も東京で鍼の勉強会に参加した。私の施術のベースとなっている刺さない鍼「陰陽てい鍼」。

身体が軽くなり、違和感があった左の腰も全く問題なくなって、みなさんによく言われる背が高くなった気がするというのをまさに体感した。何だか若返ったかのようなウキウキした気分で、家族の待つ台場に向かった。今回は色々気をつけながら家族で東京に来たのだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710051451j:image

先週ほど暑くないけど、北海道とは比較にならないほど暑い。湿度が違うんだな。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710051542j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710051549j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710051545j:image

アメリカ料理でクラフトビールを飲んだ。こういう環境下で飲むビールは最高に美味い。まさに五臓六腑に染み渡る、だ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052128j:image

ホテルに移動。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052121j:image

わわ!すごい部屋ですな。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052124j:image

Bluetoothスピーカーもあって、スマホと接続させて若い女子も喜ぶであろう流行りの音楽をかけた。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052117j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052436j:image

おお、これは明日のコーヒー楽しみだな。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052136j:image

レインボーブリッジを見ながら二次会。家族会議。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710052132j:image

お疲れさーん!

 

2年間、数十種類薬草を色々試した。北海道で元気に育つ彼らの力をみなさんの健康維持のために提供出来るようになったらさらに面白いだろう。

嬉しい誤算で長女がその部門をやりたいと言ってきた。絵を描く傍ら、じいちゃんばあちゃんの指導のもと農作業もするようになった。その鋭敏な嗅覚は薬草ととても相性がいいと思う。じいちゃんばあちゃんのこだわりの製法をしっかり学んでね。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710065102j:image

製品第一号、菊芋チップ「おキクさん」

市販品と比べて全く遜色ない。むしろ美味いと高評価を頂いてます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220710065458j:image

今後ネット販売もするようで、今は手作りのパッケージもグレードアップされるようです。菊芋チップの他にも東洋医学をベースにした薬草商品アイデアいっぱい!

 

家族会議中に、心地よく座ったまま寝落ちした東京の夜だった。

 

両国

日曜日、新しく打鍼の勉強会に参加する為、土曜日夜に東京両国に来た。

さすが東京、暑いですな。

ホテルにチェックインしてとっととビールでも飲みに行きましょう。

今日は若い頃からの憧れ「どぜう」で一杯のやろう。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702220103j:image

両国桔梗屋さん。

18歳の時、大学入学で東京に来て、それ以来26歳まで東京下町に住んでいた。ぜひ一度下町の「どぜう」なるものを食べてみたいと思っていたが、ちょっと敷居が高く入れなかった。個人的に、こういうのはぴちぴちした若者ではなく、もう少しくたびれてからの方が似合うと思っていたからだ。

50ちょっと前になった今、十分くたびれたから満を持して入場。見た目はくたびれたオッサンだが、気持ちはあの頃とあまり変わってないな。もっと酸いも甘いも知ったダンディーなオッサンになっている予定だったのに、残念ながら単なるアホなままだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702221046j:image

店は昭和な感じのいい雰囲気。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702220910j:image

ジョッキじゃなく瓶というのもまた良い。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702221616j:image

丸鍋

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702221639j:image

ネギを大量に入れてネギが煮えたら食ってもいいようだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702221801j:image

山椒と七味をたっぷりかけて。

 

むむ!

これは美味い!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702222315j:image

鯉の洗い。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702222312j:image

鰻のキモ。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702222309j:image

さらしくじら。

なんとも不思議な食感。何度も裂いて、ふわふわにした練り消しゴムみたいな感じか。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220702222318j:image

こういうのが来たら冷酒にしなきゃ!

ビールを急いで飲んで日本酒に。

 

ああ、最高だなぁ。

憧れの「どぜう」を堪能した。

 

食い終わって勘定を済ませ、蒸し暑い外に出ると東京スカイツリーがそびえ立っていた。

そこを目指して夜の散歩に出かける事にした。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703062324j:image

こうして美味くて栄養のあるものを食べられるようになったが、それこそ東京にいた20代前半はワイルドに生き過ぎた事もあり、ジリ貧だった事もあった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703062853j:image

握り飯2個ポケットに入れて仕事に行き、昼休みにそれを食って、生ぬるい水道水で流し込む、というのを基本の食事にしていた時期があった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703063203j:image

あの時の最高の贅沢は、ちょっと余裕が出た時の松屋の牛焼肉定食だったなあ。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703063206j:image

よし、明日の朝はそれにしよう。朝からヘビーだが。

 

翌朝。若い頃のようにご飯大盛りにしてみた。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703070737j:image

そう、これこれ。

まずは熱い味噌煮を飲み、シャキシャキのサラダに胡麻ドレッシングをかけて一口。これでご飯を多めに一口。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220703071253j:image

そしていよいよ肉。おろしポン酢と青ネギを添えて口に放り込み、これでご飯を多めに3口。

再び味噌煮を飲み、サラダ、ご飯、肉、ご飯…という具合に黙々と食べ進め、全て同時になくなるように計算しながら食べる。

心の底から出る「ご馳走様でした。」

あの頃のささやかな感動が蘇った。貧乏だったけど嬉々として生きていた青春時代だった。

 

さて勉強会頑張ってきます。

積丹

中体連の次女を早朝に送り出し、その足で積丹方面へドライブに出かけた。

 

島武意海岸。

暗いトンネルを抜けると絶景が待っている。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164408j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164450j:image

おお!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164513j:image

うわ〜すげ〜、これぞ積丹ブルー!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164702j:image

急な階段を降りて岩だらけの海岸に降り立つ。

 

右を見ると

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164751j:image

 

左を見ると

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626164815j:image

 

岩は歩きにくいので履き物を脱ぎ捨て、カメラ片手に裸足で慎重に散策した。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165146j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165143j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165233j:image

 

さてブランチ予定の余市柿崎商店さんの開店時間を考えるとそろそろ出発したほうがよさそうだ。

 

10:00開店と同時に入れた。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165639j:image

母ちゃんチョイスの海鮮丼。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165645j:image

長女チョイスのいとこ丼。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165636j:image

私は紅鮭定食。

なんと500円くらいだったような。

ずっと前に地元のご年配のご婦人が一人で食べていたのをみて、次に来た時に注文したらめちゃくちゃ美味かったのでリピート。安いからではなく美味いから。

そしてそのご年配のご婦人とはここに来たら100パーセントの確率で会う。今日もいらっしゃった。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626165642j:image

みんなでつまむためにカスベ煮。

 

あ〜今回も美味かった。

 

 

11時半帰宅。うむ、充実した日曜日午前。

母ちゃんと長女は疲れたから休むとの事だが、私はまだ遊び足りないのでマウンテンバイクで原始林に行く事にした。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626170606j:image


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626170603j:image

それにしてもずいぶん暑くなったなあ。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626170609j:image

森を走る4K映像の動画も撮ってみた。でもこのブログにはくっつけられないようで残念。

暑い中を汗だくで遊んで、こらからの季節に身体が同調した気がした。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20220626170950j:image

母ちゃんと一緒にはじめて行く岩見沢の温泉で汗を流し、これから次女のお疲れ様パーティーです。ビールがさぞ美味いだろうな。