川島治療院 院長日記

江別市野幌町にある治療院です

すき焼き

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711181057j:image

松阪牛を頂いた。

 

こんな高級なの食った事ない。

どう調理しようか…

緊張する。こんな緊張は羊ヶ丘病院の勉強会でホテルエミシアでの発表以来だ。

 

そうだ、すき焼き。

あまり作った事ない。子供達は食べた事ないんじゃないだろうか。

 

よし。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711181721j:image

覚悟を決めて作ろう!

美味いの食わせてやるぜ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711181736j:image

ネギと豆腐を焼き

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711183800j:image

すき焼き鍋なんてものはないから土鍋で割り下を作った。

 

軽く肉を焼いて投入

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711194041j:image

完成!

 

ほら食ってみな。俺が魂を込めて作ったすき焼きだ。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711194049j:image

むむ、これは旨い!

君たち、すき焼き初めて食うんじゃね?

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711185224j:image

「今日の給食はすき焼きでしたよ。」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711185258j:image

はへ……?

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711185650j:image

冷蔵庫に二人の献立表を貼って、給食と晩飯がかぶらないようにしているのだが、長女はいつも献立表を無くす。(左側が長女の献立表貼るスペース)

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711185553j:image

「美味かった!」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711185224j:image

「ええ、父ちゃんのすき焼きも悪くありませんでしたよ。」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180711190228j:image

ぬう…

気合い入れて作った時こそかぶる。

今度から献立表はちゃんと出してくれ。

東京勉強会&観光日記

土曜日。

予約が溢れて朝7時頃から仕事した。

その後昼過ぎ飛行機に飛び乗るような形で東京へ。

たまには無茶苦茶な忙しさも悪くない。

 

夕方から神田で陰陽てい鍼アドバンス講座。

また新たな技を習得したので色々な症状改善へのお手伝いが出来ると思う。

 

翌朝

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708092756j:image

上野公園、不忍池を散歩すると蓮の葉が咲いていた。

公園内の博物館で縄文展がやっているようだから、勉強会終わったらまた戻ってこよう。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708093342j:image

両国。隅田川をぼんやり眺めてから

陰陽てい鍼基礎講座の復習。

キャンセルがあり運良く受講できた。

何度も受講しているが何度受講しても素晴らしい。

 

上野に戻った。

それにしても暑い…

 

アメ横あたりの大衆居酒屋でビール飲みたいところだが飛行場からは車だった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708155120j:image

棒々鶏冷麺で腹ごしらえしてから博物館へ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708154545j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708154541j:image

 

勉強会ではお互い治療の練習をしあう。

講師の先生にも治療してもらった。

だから歩きやすく目が見えやすい。

そんな快適な状態で10000年前のアートを観察した。

土器や土偶

教科書に載っているアレを30センチの至近距離で、クリアになった視界で堪能でき、古代の夢想に浸るという贅沢な時間を過ごした。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708155539j:image

(写真OKコーナーで)

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708155828j:image

子供達へのお土産の縄文図鑑。

 

…スルーされるのが目に浮かぶが。

 

 

歩き回って汗2リットルはかいたかな。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180708170308j:image

飛行場のラウンジでトマトジュース飲んでます。

やはり汗かいたぶんの補給はトマトジュースじゃなくビールがいいな。

はやく家でビール飲みたいー🍺

 

子供部屋の大掃除

今日は午後休診。子供部屋の大掃除をした。

長女が足を負傷した今こそ抵抗されない大チャンスなのだ。

最近雨続きで蒸し暑く、汗だくになった。

 

ゴミ袋3袋。

 

面白いものもたくさん発掘された。

 

 

学生時代が終わって社会人になると約40年、何らかの形で社会と関わっていく。その事に関して親や先生からアドバイスをもらって考えてみようという授業があったようだ。

ちょっと前に将来について話した事もある。

 

以前のブログに紹介した長女の夢「仙人」

http://kawashima-naoya-1203346.hatenablog.com/entry/2018/06/13/171813

 

家族だけの会話かと思っていたら、そうでもないようだった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180704192308j:image

 

ああ…やっちまったな。

 

 

 

そして隠してあったバツばっかりの地理の小テストを見つけた時はズッコケた。

 

 

インドの首都…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180704192928j:image

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180704192508j:image

 

インドの首都はナマステ。

 

 

………。

 

 

仙人への道はまだまだ遠いようだ。

骨折物語 長女版

金曜日夕方、長女が通う中学校から電話が。

 

「ナツミさん、足を捻挫しちゃったみたいなので迎えに来てもらっていいですか?結構腫れてるんです。」

 

ふむ、捻挫か。

じいちゃんにお願いして迎えに行ってもらった。

 

ベッドに横になりな。

ピョンピョン片足で帰ったてきた長女の足を見て思った。

 

…!!

これは捻挫じゃねえ。捻挫もしてるが。

 

じいちゃんとレントゲンを撮りに行ってもらった。

 

「骨端線離開」だった。

子供の骨は端っこが軟骨で、そこから骨が伸びて大きくなる。そこがボキッとなってしまったようだ。

 

2週間くらいの固定。全治1〜2ヶ月くらい。

 

ああ…

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180630122303j:image

 

 

夜は母ちゃん不在。

三人で飯を食った。オムライスにした。

 

何故か元気がない次女。

何故か元気な長女。

 

チビ、どうした?

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180630115652j:image

「月曜日に学校に出すプリントを濡らして破いちゃった。先生に怒られる…」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180630115701j:image

「怒られるくらいでビビってどうすんですか?

私なんて小学校の時から一日に3回は怒られますよ。多い時は6回という記録もあります。

それに中間テストはうっかりミスで合計120点も失いました。回答書くところ間違えたり。

さらに今日はこのザマです。

どうですか?

うひ、うひひ…」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180630115858j:image

「あ〜、ナツの不幸より全然マシだね!」

 

 

なんちゅう会話だ。

 

ケガは何とかなるだろう。しかしテストのワイルド過ぎる回答は何とかしないと…

 

暮らしの中に鍼灸を

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626160742j:image

 

この物語はフィクションであり実在の人物を指すものではありません。

 

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626182339j:image

私、スーパーOLの直子。42歳。

人の三倍のスピードで仕事をするから社内では赤い彗星と呼ばれているの。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626161005j:image

趣味は合コン。週3回は行くかな。

でもほら、私って高嶺の花じゃない。

男子達、誰も話しかけてこないのよね。

 

そんな私にも悩みがあったの。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626161159j:image

そう、肩コリ、眼精疲労。

通常の三倍のスピードで仕事をするからか、責任ある仕事任せられるじゃない。

そんなストレスもあってか、だんだん酷くなったの。

 

病院とかクイックマッサージとか整体とか色々行ったわ。

ちょっと楽になったらまた頑張るの。赤い彗星のあだ名を失いたくないもんね。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626183004j:image

肩コリにプラスして、イライラ、よく眠れない…

薬もあまり効かない…

もう限界。

 

そんな話をお母さんにしたら、お母さんが通っている鍼灸院を紹介されたの。

 

私の中での鍼灸のイメージって、なんだか「痛い、怖い、あやしい」

 

でもお母さんがメッチャ勧めるから行ってみた。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626213535j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626213706j:image

「怖い、あやしい」はイメージ以上。

まあ、この先生に限ってなんでしょうが…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626215831j:image

淡々と症状、日常生活などを聞かれ、皮膚や舌を見てもらった。

 

見た目で怖がられるので、うさ耳バンドを装備してるらしいんだけど

よけいに怖いよね。

 

先生が言うには

ストレスなどによって肝の気を巡らせる作用が失調して

気が滞ってしまっているとの事。

気とかよくわからないけど、何となく納得。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180626223358j:image

刺さない鍼なんてのもあるのね。

首が動かしやすくなったり、呼吸が深く出来るようになったり

なんだか不思議な体験…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180627155218j:image

刺す鍼も思ったより全然痛くない。

刺したままぐっすり眠ってしまったわ。

「痛い」というイメージは全くなくなった。

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180627155611j:image

先生に起こされた。

治療は終了らしい。

 

なんか身体が軽くなったわ。

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180627155731j:image

外に出て緑の色鮮やかさに驚いたの。

身体が軽い、視界がクリア。空気が美味しい。

 

私、思った。

 

もっと早く来てれば良かった。って。

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180627160350j:image

それ以来、合コンの回数を半分にして鍼灸をするようになったら

身体が結構快適なの。

仕事の効率も上がってるわ。

この前なんて合コンで男子達から「赤い彗星だ!逃げろー!」って。

ますます高嶺の花になっちゃった。

 

皆さんもちょっとやりくりして

暮らしの中に鍼灸を入れてみるの、オススメよ〜!

2018 キャンプ6 江別森林公園キャンプ場

長女の中間テストを終えてホッと一安心の週末、いつもお世話になっている清水さん家族とキャンプに行きました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624153431j:image

地元なのに初めてのキャンプ場です。

 

解放感からか奇声をあげてダンスする長女。

いや、解放感からではなくいつもか。

その光景を目にした小さな男の子が恐怖の眼差しで固まっていました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624153820j:image

生憎の空模様でしたが子供達は楽しそう。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154117j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154113j:image

自然の中で酒飲むのが一番癒されます。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154157j:image

清水さん制作締めのラーメン!なんて美味いんでしょう。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154309j:image

翌朝、日の出とともに起床。

スッキリ。

今日は晴れそうだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154353j:image

近所なので自宅に戻って、朝の軽食を作ってキャンプ場に戻るという荒業もできます。

前日懇親会の為、キャンプに参加出来なかった母ちゃんを起こし、再びキャンプ場に。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624154640j:image

青空のもと、サッカーしました。

まだまだ動けるな。

やっぱキャンプはいいな〜

 

 

帰り道。

助手席から妙な視線を感じました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624155131j:image

「私、試験勉強頑張りましたよね。みてましたでしょう?子供のヤル気を持続させるには少し褒美があっても良いかも知れませんよ。別に無理にとは言いませんが。ジョイフルエーケーでも行きませんか?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624155755j:image

猛烈に嫌な予感。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624160033j:image

コピックという画材。

良いものなんだろうが高い…

財布の中にはレシートしかなくなった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624155131j:image

「そう気を落とさないで下さい。部屋を散らかさない。勉強する。洗濯物をちゃんと出す。などのメリットがありますから。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180624155755j:image

よくて三日だろう…という言葉を飲み込んだ。

 

 

まあ試験勉強は珍しく本気で頑張ってたからいいか。もし長女が絵を描く仕事についたらアシスタントで雇ってもらおう。

 

SDGs(エスディージーズ)

毎年夏になると積丹の海に潜るのが楽しみです。冷たくて長時間は入れないのですが実に色々な生き物がいる。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180620122137j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20180620122132j:image

しかし、ここ2、3年、海の中が変わってきている気がします。

いつまで入っていられる程あたたかい。

フグとかアジとか本州の魚ばかり。

子供たちが「何でフグがいっぱいいるの?」と聞くくらいだからここ数年の変化なのかも知れません。

 

なんかヤバイのでは…

本能で感じる何となくの危機感…

 

 

先日、SDGs(エスディージーズ)の勉強会に参加してきました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180620144147p:image

SDGsとは存続可能な開発の為、全ての国連加盟国が2030年までの実現を目指す国際目標のようです。

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基礎をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任 つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

 

youtubeでの1分動画→「ミレニアム開発目標(MDGs)」から「持続可能な開発目標(SDGs)」へ - YouTube

 

壮大過ぎて個人には関係ない。偉い人に任せたらいい。ではなく、個人でも取り組める事がたくさんあると思いました。

いや、むしろ個人こそ意識しなければいけないかも知れません。

すごく地味なところなら、歯磨きする時に水を出しっぱなしにしないとか、すぐに食べる豆腐なら賞味期限6/25までのやつより6/22までのやつを買うとか。

自分だけが良ければ良いとか自分の価値観を押し付けるのではなく、他人への思いやりある配慮をするとか。

 

SDGsを掲げて活動するほど私に力はありませんが、自分の生き方に落とし込む必要を感じました。

それと同時に、海で本能的に感じた何となくの危機感は、本当の危機感となりました。

 

地球に住む生き物として、子孫と住処である地球は大事にしないとなー…と思った勉強会でした。