川島治療院 院長日記

江別市野幌町にある治療院です

東京5

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20180112211231j:image

 

大学時代は少林寺拳法に明け暮れた。

 

四年生の時、学長賞を受賞した。
野球の川上憲伸さんや、相撲の大関雅山関、体操オリンピック金メダル塚原直也選手などと一緒に。

頑張りましたねー。マイナースポーツだったからなんだけどね。

 

昔の体育会系は今では考えられないような理不尽だった。

最初はたくさんいた仲間も一人辞め、二人辞め…4年生の時最後に残ったのは4人だけだった。

 

 

「バカばっか残っちゃったな。」

 

誰かが言った。

 

 

確かに…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180108213548j:image

確かにバカばっかだ。

 

夜は、廃墟の様な部室棟、まるでゾンビや幽霊がいてもおかしくない地下迷宮の深層、そんな部室にたむろして朝まで飲んだ。

唯一の一人暮らしだった私の部屋も溜まり場になった。酒の肴はもっぱら、パスタを大量に茹でたものにレトルトカレーをかけたものや、醤油炒飯。

各々ツッコミどころ満載。それが酒の肴なのだ。

 

楽しかったなあ。

 

キャラがたちまくっているので、彼らはそのまま私の漫画キャラになった。

 

 

 そんな仲間たちと久しぶりに飲んだ。

 

やはりおじさんになっても皆様バカっぷりは健在だった。久々心底笑った気がする。

 

 

翌朝、御茶ノ水を散歩。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090050j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090106j:image

気持ちいい。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090125j:image

すっかり近代化してしまった学校。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090154j:image

あ、ボロい校舎もあった。懐かしい。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090225j:image

砂利で拳立てした錦華公園。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20180114090455j:image

数々の伝説を作った居酒屋アミも健在。

 

ああ、なんて懐かしいんでしょう。

学ランで闊歩した青春が蘇りました。

 

 では鍼の勉強会頑張ってきます!

眼精疲労

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180107212043j:image

肩コリ

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180107212337j:image

腰痛

 

他にも意外と多くの方が悩まれている症状があります。

 

それは…

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180107214037j:image

眼精疲労。

 

他の主訴でいらした場合も、問診で聞くと、「あー、ありますあります。」と言われることが結構あります。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20180107215318p:image

身体を使う事よりも、パソコンやスマホなど目を使う事が多くなりつつあるかもしれません。ストレスも目に来そうです。

 

 

当院では眼精疲労の施術に力を入れております。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180107222128j:image

 

刺さない鍼やセルフケアテーピングで。

目がクリアになるのは五臓にも良い影響を与えるようです。

 

 

 

お正月

大晦日は私の実家で年越しをしました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102210010j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102210019j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102210028j:image

母親手作りの豪華料理に舌鼓を打ちます。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102195852j:image

マグロ。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102195908j:image

とろける。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102195925j:image

極上の日本酒。

嗚呼、日本人で良かった。

 

 

 

『忘れてしまいたい事や

どうしようもない寂しさに

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102195852j:image

包まれた時に男は酒を飲むのでしょう

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102195925j:image

飲んで  飲んで  飲まれて飲んで

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102200220j:image

飲んで  飲み潰れて眠るまで 飲んで

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102200220j:image

 

やがて男は静かに眠るのでしょう』

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102200332j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102200427j:image

いたずらされても気付かないほどに(唄に深い意味はないです)

 

 

今年は除夜の鐘が聞けなかった。

 

 

翌朝4:30。次女胃腸炎になる。

元旦は母ちゃん実家の予定でしたが、次女と二人で自宅で過ごす事になった。

従兄弟と遊べなくて泣く次女だがどう考えても無理だ。

 

経口補水液⇨イチゴアイス⇨ブドウゼリー⇨塩と粉末昆布のお粥

 

苦しがって治療⇨ちょっと飲んで食べて寝る

 

頭を冷やすアイシングシートはあっという間に熱により常温になった。

 

しかしお父さんの献身的看病のおかげで次女はみるみる回復した。

 

深夜ハイテンション。ずっと寝てたのでなかなか寝なかった。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102210051j:image

献身的なお父さんは添い寝とヨシヨシとゾンビの話とかをして眠らせた。

 

翌朝お粥と薄味味噌汁で全快だ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102204034j:image

たまにはこんな正月もいいじゃねえか。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102204108j:image

「よくない!」

 

 

散々なお正月でしたが、次女との絆が少し深まった気がします。 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20180102205107j:image

雪像つくり

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230162352j:image

年末恒例の雪像作り。

今年は「狛犬」…のつもりです。

戌年ですからね。

 

怪獣みたいになってしまいました。

 

製作過程

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230162835j:image

大雪の後の少し暖かい晴れの日。雪像作りには最高です。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230162936j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230162945j:image

大まかにカタチを作って

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230163017j:image

石像感を出す為に、灰色の絵の具を水で溶いて霧吹きを吹き付けます。

細かい箇所を作り込む。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230163215j:image

従兄弟も合流して完成!っていうか寄りかかるんじゃねー!

 

我が家を邪悪なものから守ってくれますように。

あと、患者さんがたくさん来てくれますように。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230164538j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171230164549j:image

勿論、夜は目が光りますよー

 

 

皆さま、よいお年をお迎えください。

 

パフォーマンスアップ

この物語はフィクションです。

 

 

 

時代は変わった。

怪我ばかりして整骨院の常連になるよりも、怪我をし辛い身体になってもらう方がいいと思う。

痛い状態を改善させるだけでなく今以上にパフォーマンスも上げる。そんな取り組みを俺はしているつもりだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227134956j:image

 

自費治療は嫌われる事も多いが迷いはない。 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227135004j:image

いつか多くの人にわかってもらえる日がくるといいな。

 

 

君の場合、肩の問題だけではなく骨盤もみていかなくてはいけない。

右が前捻して左が開いて上がっている。左股関節外旋位。これでは下半身の動きにロスが多くなりパフォーマンス低下につながる。

遠い左足関節から整える。

右肩は内旋位。手首⇨肘⇨肩を外旋位にしやすい皮膚にしていく。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227140615j:image

刺さない鍼やテーピングを使ってな。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227140648j:image

これで肩の痛み、身体を右ひねりした時のロック感が少なくなっているはずだ。

 

「あ、ホントだ。あまり痛くない。身体もさっきより随分回ります。」

 

ほら、もう一度投げてごらん。

君はもっと良い球投げれるはずだよ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227141556j:image

「あー!なんか良いかも!」

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227142326j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227142431j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227165352j:image

 ぐはーーーーーーーーーー!!!

 

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171227170447j:image

思ったよりずっとやるじゃない。

 

「ありがとうございます!頑張ります!」

 

 

 

痛いところだけの治療もいいですが、全体をみるのもいいです。

マイナス(痛い)状態からゼロ(痛くない)、よりプラス(パフォーマンスアップ)になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスファンタジー

小雪が降る夜、少年は落ちてくる瞼を必死に堪えて窓の外を見ていた。

今日はクリスマスイブ。良い子にしていたからサンタさんが来てくれるはずだ。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221214042j:image

 

少年はサンタさんに、「百獣王ゴライオンの超合金ロボット」をお願いした。

良い子にしていたからきっと来るはず…

 

きっと来る…

 

 

きっと…

 

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221214635j:image

 

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221214647j:image

 

 

 

夢かうつつか。

 

気づくと朝だった。

少年は急いで階段を駆け下り、クリスマスツリーの下を確認した。

 

 

 

置かれていたプレゼントはゴライオンの超合金ではなく、ゴライオンのノートと鉛筆だった。

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171222093811j:image

 サ、サンタさん、ありがとう…!

 

作り笑いで二階に駆け上がった。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20171222151632j:image

サンタさん、仕事が雑だよ。ゴライオンはゴライオンだけどさ…

いや、もしかしたらお父さんお母さんなのか。生協の値札貼ってあるし。

噂通りサンタさんなんていねぇのかもな。

 

こうして少年は現実を何となく理解した。

この日を境に少年は、真面目で良い子から真面目そうに見える変態、としての道を歩む事となる。

 

 

 

約40年後。

 

 

そんな少年もおじさんとなり家庭を持った。

 

あの頃の少年のように、サンタさんを信じるか信じないか微妙な年頃の子供がいる。

 

 

次女。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221223140j:image

 「サンタさんに手紙書いたよ!でっかいぬいぐるみをお願いしたんだ!」

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20171223153930j:image

 

 

長女。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221223453j:image

「サンタさん?いるに決まっているじゃないですか。勿論手紙も書きましたよ。うひ、うひひ…」

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20171221233719j:image

 

 

サンタさんが来てくれるといいですね。

 

 

皆さま、素敵なクリスマスを過ごせますように!

 

 

 

五十肩攻略作戦

ブログには鍼のことばかり書いてありますが、私はテーピングがとても得意です。人類をみたら、どこにテーピングしたらいいかをまず考えてしまいます。気持ち悪いですね。

 

ほんの僅かな皮膚修正が身体を大きく変えますので、きちんと貼ればかなりの効果が期待できます。

テーピング治療はあまり動かないので施術者の身体も楽ですし、施術時間の大幅短縮が可能です。どんな施術スタイルとも合うんじゃないかと思ってます。

 

来春1月21日以降のセミナーに少し空きが出そうなので、興味がありましたらご連絡下さい。初めての方にはセミナー開始前に基礎をお教えしますので30分ほど前にお越しください。

 

五十肩攻略テーピングなどをします。

前鋸筋(外転、肩甲骨を胸郭上にフィットさせる)

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171220194134p:image

インナーマッスル

f:id:kawashima-naoya-1203346:20171220194145p:image

三角筋(挙上の力学的な理由)

 

理屈を理解した上で「こうしたい!」という思いで貼ると結構効きます。

 

鍼や手技の後、とどめとして貼ってみると喜ばれるかも知れません。

 

他にも上肢のシビレのシンプル解決策、腱鞘炎、バネ指など、なかなか治し辛い症例のテーピングを紹介します。

時間、料金など、詳しくは当院ホームページ、セミナー情報をご覧ください!→https://www.kawashima-seikotsuin.com