鍼灸を語る上で最も重要かつ難解なものは「気」に関する事です。

 

現代人は見えないものや数値化されていないものを理解するのが苦手だと思います。

しかし日常の中で「気」という文字はたくさん使われています。

元気、病気、やる気、殺気、生意気…

実にたくさんあります。

 

 

こちらの画像をご覧ください。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170620113628j:image

楽しそうな少年少女ですね。

朗らかな「気」分になります。

 

ほんのわずかに細工すると…

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170620114002j:image

一気に微妙な雰囲「気」になりましたね。

 

このように現代人も知らず知らずに「気」という概念を基にした言葉を使って生活しています。数値化出来ないもの表現する時、「気」という言葉をよく使っているようです。

 

もう一例。

最先端の科学技術を持って、遺体の新鮮な部分を繋ぎ合わせ、脳に血流が行き届くようにし、心臓を機械で動かす。

それでも人は生き返らないと思います。

何かが足りない。

その足りないものが「気」かも知れません。

 

万が一、フランケンとかゾンビ系の方がいらしても「気」が流れていないと思うので鍼は効かないでしょう。

 

  

東洋医学では人体には「気」「血」「津液(体液)」が循環していると考えられております。
血と体液は見えますが「気」は見えません。

「気」は見えないけど必須な何か。

 

古代人は数千年の試行錯誤で見えない「気」の循環ルートを体系付け、超能力者でなくても、鍼灸を持ってすれば誰でも「気」を調整出来るシステムを開発しました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170621150843j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170621151148j:image

 

数値化や医学的根拠(エビデンス)も大切ですが、「気」という概念を持って身体をみてみると新たな発見があるかも知れません。

 

陰と陽

なかなかとっつきにくい東洋医学。なるべく専門用語を使わずに書いていきたいと思います。

 

「陰」と「陽」

あらゆるものを陰と陽に分け、対立するものとしました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094657j:image

昼は陽。夜は陰。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094717j:image

背中が陽。お腹は陰。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094736j:image

男は陽。女は陰。

 

陰と陽とがお互いにバランスをとりながら存在しています。

人間の身体にも陰陽があり、うまくバランスをとって健康を保っています。

例えば、暑い日は汗をかいて身体を冷やし、寒い日は汗腺を閉じて熱が逃げない様にします。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618100422j:image

また陽の中にも陰があり、陰の中にも陽があり、「絶えず動いて変化」します。

 

これは暮らしの中にも生かせる考え方だと思います。

何かに失敗してブルーな気分の時でも、そこで得た教訓から成長するチャンスと考える。

順風満帆な時でも必ず落ち目(盛者必衰)が来る時があるだろうから、謙虚な気持ちを忘れないようにする。

など、陰にも陽にもどっぷり浸かる事なく「絶えず動いて変化する」と考えると少し心が楽かも知れません。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618104050j:image

当院では陰陽てい鍼という刺さない鍼で、お身体のバランスをとるお手伝いをさせていただいております。

 

湿気(後編)

バイオレンス治療院の施術録 VOL6

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170612224117j:image

42歳男性。治療家。

主訴 : 梅雨時期の体調不良

お腹がすっきりしない。古傷が病む時がある。

その他の症状 : 母ちゃんの尻に敷かれている。友達が少ない。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170612225416j:image

久々の来院だな。

とりあえず話を聞こう。

 

----------------------------------

 

代々酒飲み一族だった為か、大人になったら毎晩晩酌するようになるだろうと思っていた。

実際そうなった。

肝機能の数値も正常。二日酔いにもならない。

全く問題ないと思っていた。

 

しかし、ある湿度の高い日、キャベツの千切りをしていたら突然左手首の古傷が病んだ。

湿気と関係あるのかも。

 

実は何となく気付いていたんだ。

俺の身体には余分な湿気が多い。だから梅雨時期になると体調イマイチ。特にお腹がすっきりしない。

 

東洋医学の本には「アルコールの常飲、外界の湿気を受けた事による症状」とある。

 

……見なかった事にしておこう( ̄▽ ̄)

今まではそんなふうに思っていたが、今回の古傷の痛みは身体を見直せというサインかも知れない。行動を起こすチャンスでもある。

 

今後、毎晩の晩酌は辞めよう。

 

 

 酒飲みの御先祖さまたち…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613143149j:image

 

俺は酒を控えようと思う。

ルールを作って。

【晩酌は週二回、ただし飲み会がある場合はこの限りではない】

こうしようと思うんだけいいかい?

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613143714j:image

へ?べつにいいんじゃね。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613143748j:image

OK牧場

 

…… ちゃんと聞いてねーだろー!だがまあいい。

頑張るぞ!

 

----------------------------------------

なるほど。

この男性にとっては大きな決断なのだな。

 

その意気や良し。

 

除湿の手伝いをしよう。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613151020j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613151729j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170613151743j:image

 

清熱利湿効果のあるセロリなんかを適度に食べるのも良い。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170614165025j:image

 

肝機能の数値が問題ないからといって毎日の晩酌は人によっては良くない場合がある。

実に様々な症状をもたらす原因となる場合が多い。

出る症状は実に様々だ。

男性の様にお腹の調子が悪くなったり、締め付けられる様な頭痛だったり、余分な湿気が手足に漏れ出しスマホ指紋認証が読み取られなくなったり。

 

何度か治療してアルコールを控えめにしていけば大丈夫だ。

 

生活習慣を変えるのは簡単ではないだろうが、勇気を出して頑張って欲しい。そのうち慣れて、どうって事なくなるはずだ。

湿気 (前編)

肌寒い小雨が降る夜。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170609110756j:image

我が家に憧れだったオーブンが来たので、野菜とチキンのオーブン焼きを作りました。

塩胡椒、酒で下味を付けた鶏肉、色んな野菜を適当に並べ、オリーブオイルをぶっかけて、ささっと岩塩。

ミックスチーズをたっぷりかけて、190度で30分。

うま〜い!さすがオーブン!

 

…料理ネタではなく、事件は画像手前のコールスローを作っていた時に起きました。

 

キャベツの千切りをしていたところ、突然左手首に鈍い痛みが走りました。

「な、なんじゃこりゃ!?」

それまで違和感も何もなかった。特別変わった動作をした記憶もない。母ちゃんの尻に敷かれている為、キャベツの千切りなどお手の物だし。

 

は、待てよ。この痛みは…

https://ameblo.jp/kawashima-seikotuin/entry-11172722797.html

過去ブログ。懐かしい。

カンフーごっこ中、母ちゃんのミドルキックを受け損ねて、尺骨茎状突起骨折した時の痛みに似ている。

それにしても昔からバカなブログ書いてるんだな。

 

治ってから今まで一度も痛みが再発した事なかったのに。

自分で治療し、すぐに治りましたが、年齢とともに現れてくる身体の変化を感じ、色々反省させられる出来事でした。

 

 

天気が悪い日は古傷が病むとか、よく聞きますよね。

古傷に限らず湿気が多い季節になると、体調不良になる方が多いようです。

 

これは身体に過剰な湿気が溜まってしまっているからかも知れません。

 

よくある事象なのですが

「水を一日2リットル飲む」を実践されている方が多く、これは湿気で調子悪い方には逆効果と感じます。

アルコール常飲の方もこの季節は要注意です。←自分に言ってる。

 

良い食べ物、良い運動、巷に溢れておりますが万人に当てはまるものは無いと思ってます。

 

------------------------つづく

 

次回予告 

とある重大な決断をした治療家K。覚悟を決めてバイオレンス治療院の門をたたく。

生か死か!?ゾンビかバンビか!?

 

湿気(後編)  2017.6.14 公開予定

 

 

 

 

アレルギー

バイオレンス治療院のカルテ VOL5

 

8歳男性  

主訴 : 鼻水、くしゃみ、目の痒み

300歳男性

主訴 : 痩せていく

 

「ハックション!」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605224118j:image

「呼ばれて飛びでてジャジャジャj…」

「ハックション!」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605224235j:image

「ハイチャラバーイ…」

「ハックション!」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605224118j:image

「呼ばれて飛びでてジャジャジャジャ〜ン」

 

「魔王、ゴメンよ〜。この時期になるとどうも鼻水とかクシャミが止まらないんだ。目も痒いし。ああ…魔王ったら、こんなに痩せちゃって…」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605224713j:image

「カンちゃん、大丈夫でごじゃりますよ。例年ならもうすぐ落ち着くでごじゃ…」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605224235j:image

「ハックション!」

「ハイチャラバーイ」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170605225409j:image

なるほど。

この魔王という男性は、この少年のクシャミによって壺に出入りする体質らしい。

しかしこう連発でクシャミされると飯を食う暇もないだろう。

 

少年の症状を考えると「風熱」が顔面に滞っていると考えてよいだろう。

 

春はアレルギー、花粉症などにお困りの方が多い。

昔はあまりなかった症状の代表格と言えよう。

何故急増しているかは諸説ある。生活や仕事、食生活の変化、ストレスなどと言われている様だが、個人的な見解を述べさせてもらうと首に若干の問題がある気がする。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606144156j:image

首に横ジワがある事が多い。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606144832j:image

ストローで例えると、折れ曲がり流れが悪くなっているイメージだ。「風熱」が下に降りにくい状況になってしまっているのかも知れない。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606154507j:image

真ん中に力が働く様に、こんな感じでテーピングをすると、前方にズレた第5、6頸椎が正しい位置に引っ張り出される。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606151733j:image

 「風熱」を下げるルートを確保。

 

いくぞ…

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606151934j:image

 

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606160319j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606160331j:image

「風熱」が効率良く下がってくれる。

上手く循環できる身体を作れば根治も可能かも知れない。

 

 

後日。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170607125900j:image

「その節はありがとうでごじゃります。少し太ったので耳ツボダイエットをお願いしたいでごじゃる。」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170606160059j:image

どうやら少年のアレルギーは改善されたようだな。

鍼灸は肩こり腰痛の方がやるイメージがあるかも知れないが、色々な症状改善へのお手伝いが出来る場合があるのだ。

 

大運動会

今日は休診させて頂き、子供たちの運動会を見に行った。

6年生の長女にとっては最後の運動会。

長女は騎馬戦の大将と放送委員。次女はリレーの選手に選ばれたので、前から楽しみだった。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603171107j:image

脳みそはスカスカだが運動が得意の次女は安定の活躍をした。ダウンジャケットが必要な程の寒さの中、半袖短パン、小麦色の肌の次女はとても頼もしい。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603172658j:image

校舎の中から顔を出して実況中継をする長女には笑わせてもらった。

「赤速いぞ!白も頑張れ!爽やかな走りです!おっ、おーっ!!一着は赤ですー! か?」

ズコッ

「白組か、赤組か!?みなさん声援をお願いします!さあ、接戦だ!赤か白か、赤か…!おー、一着は蛍光緑でした!」

ズコッ

狙って言っているのか天然なのか不明だが観客にはウケてた(笑)

 

 

長女の騎馬戦は一緒に自宅練習した。

 

 大抵上から覆い被さるようにして帽子を取ろうとしてくるはず。動きは「曲線」。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603161555j:image

ボクシングの左ジャブは、プロですら当たる事を前提にして試合をする高速の技。動きは「直線」。

威力はないが帽子を取るだけなら充分。

相手の顔に当たらない様、力の方向を空に向けて「直線」。

 

手を掴まれた時の抜き技の練習も。

 

何度か動きの練習して、父ちゃんと対戦だ。

 

子供だからといって容赦せん。

いくぞ!

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603164159j:image

ぐはははー!この連撃が躱せるかー!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603164255j:image

シャシャッ!

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603164322j:image

あ、あら…?

この人、本当に強いかも…

 

 

そして今日。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603165209j:image

馬になってくれるお友達が凄い!パワフルで早い!

圧倒的じゃないか…

赤兎馬に乗る呂布の様な大活躍!←親バカ

 

不意にグッと熱いものがこみ上げた。

運動が苦手で、運動会が嫌だと泣いていた長女が最後の最後でこんな大活躍を見せてくれるとは。

何だか非現実的なものを見ている様な気がした。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170603172542j:image

勝っても負けても、子供たちが頑張る姿をみるのはいいものですな。

 

 

 

読み聞かせ

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220038j:image

 

子供部屋から、昔作った手作り絵本が発掘されました。

次女が生まれたばかりのようだから8年前の作品です。

小さい頃から我が道を行く長女は、夜更かししてお絵描きしたり、折り紙したり、創作活動をしておりました。さすがにもう少し早く寝なきゃダメだと思って、この絵本を作った記憶があります。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220725j:image

 ※多少刺激が強い表現が含まれておりますのでご注意下さい。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530220842j:image

昔々あるところに、ナツという夜に寝ない人が住んでいました。

「もう11時なんだから早く寝なさい!ぶん殴るよ!」

母ちゃんが怒っています。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221034j:image

「やだもーん」

ナツは母ちゃんの言うことを聞かずにいつまでも起きていました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221137j:image

夜中なのに一人で遊んでいます。

しばらくすると、後ろに誰かがいる気配がしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221245j:image

あ”あ”あ”…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221344j:image

「母ちゃん、母ちゃん!大変だ!お化けがいるよ!」

ナツは大慌てで母ちゃんを起こしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221452j:image

「ふんがー!!」

母ちゃんはお化けになってました。

「うぎゃーっ!」

ナツはビックリして妹のチーちゃんを起こしました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221626j:image

 「バブウー!」

チーちゃんもお化けになっていました。

「ぎゃああああ!!」 

ナツは大慌てで父ちゃんの部屋に行きました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530221808j:image

「あ、父ちゃん起きてたんだ!母ちゃんとチーちゃんがお化けになっちゃったの!」

父ちゃんは暗闇の中で静かにたたずんでいます。

「…父ちゃん?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222057j:image

「あ”あ”あ”あ”〜…」

父ちゃんは父ちゃんが大好きなゾンビになっていました。

「うぎゃー!」

ナツは逃げ出しました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222535j:image

「おっと、逃しはしねー。」

ナツはさっきのお化けに捕まりまってしまいました。

「ケケケ…。お化けタイムまで起きているからこういうことになるんだぜ。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222726j:image

「えーん、えーん!今度から早く寝るから許してよう!」

ナツは泣きながらお化けに言いました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530222838j:image

「ほんとうか?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223118j:image

「うん!」

「よし、それなら少し時間を戻してやろう。」

お化けはそう言って時計を指差しました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223232j:image

クルクルクル〜

11時半だった時計は9時になりました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223348j:image

時間が戻って、みんなお化けになっていません。

「ナツ、今日から早く寝るよ!」

「あら、えらいね〜」

母ちゃんに褒めらました。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170530223554j:image

それからというもの

夜に寝ないナツは、夜は早く寝るナツになりましたとさ。

おしまい。

 

 

 

この絵本は著効があり、長女は寝るようになりました。

もし寝ない子がいらっしゃいましたら、この絵本を読み聞かせてあげてみて下さい。

 

 …いや、子供の絵本にゾンビとかダメですね(笑)