川島治療院 院長日記

江別市野幌町にある治療院です

平和な平日

火曜日。

朝焼けが綺麗だったので、写真を撮るため散歩に出かけた。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190220094622j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190220094632j:image

 

うわぁ〜と思わず声が出るような美しさだった。

 

朝飯を食べる。

魚の糠漬け、チンゲンサイの炒め物、豆腐とワカメの味噌汁、大根の漬物。

朝飯の話題は犬が次女の部屋をトイレとして認識した事。週末に居間の模様替えした際に犬たちは何故かトイレが分からなくなったようで、次女の部屋で用を足すようになってしまった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190220095639j:image

「チビの部屋は綺麗だから犬のトイレにされるのですよ。私の部屋みたいに足の踏み場もない状態なら犬も入ってこれません。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190220100258j:image

「あ、そっか!帰ったら散らかすわ!」

 

……。

やめてね。

 

 

午後から次女の授業参観に行ってきた。

気温が高く、雪がかなり解けて歩きにくかった。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190220100914p:image

授業内容はSDGsの「4.質の高い教育をみんなに」について、自分で考えたアイデアをプレゼンするという内容だった。

次女はタブレット端末での遠隔授業というアイデアを出していた。

朝は部屋を散らかす!とか、犬を里親に出す!とか言って騒いでいたのに、なかなか立派なものだ。

しかしSDGsではなく、あきらかにSDジーンズと言っていた。

 

近づく春を感じる平和な平日だった。

親切

この物語はフィクションであり特定の人物を指すものではありません。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190207125148j:image

マージマタンゴがあらわれた!

 

「肩こってヒドイのよ。

保険でやって。転んだって言ったら保険でやってくれるんでしょ?」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190207125249j:image

う、なんと強烈な…

たまに起こるこういうイベントでは一応ルールを説明する事にしている。

 

「当院では健康保険の取り扱いはございません。

ちなみに整骨院で保険が適応になるのは急なお怪我のみで

慢性的な症状で健康保険のご利用を希望される場合は

整形外科を受診される方がよろしいかと思います。」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217145928p:image

「だから転んだって言ってるでしょ。

整骨院なんていっぱいあるから他に行ってもいいのよ。」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217150818j:image

う…全然聞いてない…

どうぞどうぞ、是非他に行って下さい、って言いたいところだが

ここは丁重にお帰り頂こう。

 

「せっかく来て頂いたのに申し訳ございません。」

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217145928p:image

「あなた、親切のカケラもないのね。

だから待合室に誰もいないのよ。もうすぐつぶれるわね。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217150818j:image

…前にも誰かに言われたセリフのような…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217152104j:image

「お仕置きよ。あたいの息のにおいをお嗅ぎ。」

マージマタンゴは毒の息をはいた!

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190217153035j:image

グハッ!

く、くせえ!

 

カワシマは毒に侵された!

 

 

薄れゆく意識のなかで思った。

 

親切のカケラもないか…

だがこのような要望に応えるのが親切とは俺は思わん。

親切とは程遠い。

時代の変化とともに健康保険のルールも厳しいものになっている。

こっちも患者さん側もお互いに変化に慣れていかなくてはいけないと思うのだが…

 

 

………。

 

 

カワシマのぼうけんは終わった!

 

                                                 完

 

バレンタインデー

「バレンタインおめでとう!かんぱーい!」

 

バレンタインのどの辺がめでたいのかわからないが、何かにかこつけてお祝いをするのが我が家の流儀である。

 

今日は洋風居酒屋。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195211j:image

ミラノ風カツレツ。

粉チーズを練りこんだ衣をカリカリに揚げる。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195620j:image

ニンニクステーキ。

レタスに包んで豪快にかぶりつく。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195655j:image

ナポリタン。

安定の美味さだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195824j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195820j:image

うま〜い!

 

肉とかパスタは実に美味そうに食う。

 

しかし生野菜は実に不味そうに食う。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195926j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213195921j:image

うえっ、にがーい。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213200023j:image

その後、母ちゃんとチョコ作りをする次女。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213200057j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190213200106j:image

誰にあげるの?

 

「〇〇ちゃん、〇〇さん、〇〇くん…8人にあげる!」

 

あれ?誰か大事な人忘れてないかい?

 

「忘れてないよ、8人!」

 

……。

父ちゃんのは?とは聞かなかった。

まあいいさ。明日のチビの朝飯は賞味期限切れの納豆にしようと思うのである。

冬の連休

先週は最強寒波というものの影響かホワイトアウトの日が何日かあった。開業して以来最も雪が多い。キャンセルが多く、金曜日などは満員近い予約があったが半分以上キャンセルになった。仕方ない。次から次へと降り積もる雪に閉口。雪かきによる睡眠不足と肉体疲労

だんだん笑えなくなってきた。

 

…おっと、いかんいかん。

陰気になるとよくない。

こういう時は勉強するか、思いっきり遊ぶのに限るのだ。もう少しの辛抱だ。

 

という事でこの連休は遊びまくる事にした。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210212200j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210212150j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210212154j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210212146j:image

禁断の隠れ家でちびちび飲みながらプライムビデオ鑑賞。

やばい、まさに禁断だ…

 

 

今日はチビとノースサファリに行ってきた。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210150518j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203238j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203300j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203400j:image

うわぁ〜めっちゃ楽しい!


f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203415j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203406j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203428j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203435j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203410j:image

動物とドアップで触れ合える。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203419j:image

カピバラは犬みたいにお腹を撫でて欲しいようだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203723j:image

チューブ滑りで遊んで帰った。

 

帰ったらすぐに札幌へ出かけた。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203842j:image

マンボウ裂きイカ
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203833j:image

鹿たたき
f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210203837j:image

なめろうと煮卵

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204643j:image

子供たちはステーキ定食

 

これらで胃袋を満たしてから雪まつりだ。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204003j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204016j:image

混んでるのでこの二つしか見なかった。

正直に言うと雪まつりは口実で札幌で飲むのが目的だったのは子供たちには内緒である。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204300j:image

二次会。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204319j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204336j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210212742j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190210204401j:image

しばれレモン酎ハイ。たまに札幌で飲むのもいいな。

 

冬は冬で楽しみもあるが、やはりキツイですな。早く春にならないかな😅

 

瞳の住人

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190206141826j:image

1週間の始まりからひどい暴風雪。

しかし雪かき終わりの朝日はなんとも言えない美しさだった。まるで、雪かきお疲れさん!とご褒美もらったかのような気になる。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190206142152j:image

治療室は普段見慣れない光と影の織りなす世界になっていた。

私はこの美しい治療室で左腰にテーピングを貼った。くびれに沿って腰方形筋。スーッと何かが流れて軽くなり、腰が楽になる。

 

激しい雪かきが続くと左腰が痛くなる事がある。

左腰に関しては以前ブログに書いたかが、ワンちゃんがあぐらをかいた私の左膝上にずっといるのも一つの原因だと思っている。何故か右膝には乗らない。

ワンちゃんをしばらく膝上に乗せなかった。

腰が痛くなくなった。

しかし、拒否されたと思ったか、ワンちゃんはいじけてご飯を食べなくなった。

 

……。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190206143314j:image

やはりワンちゃんを乗せる事を選んだ。

テーピングすれば腰痛はどうって事はない。

ジーっと見つめて、熱烈キッス。そしてまたジーっと見つめて、左膝上で眠る。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190206143515j:image

二階自宅に上がると常にワンちゃんに見つめられている。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190206143817j:image

子供のカプリコいちご味をこっそり食べようとしている時も見つめられている。

ピカピカの二つの瞳と鼻、この黒まる三点セットには常に私が写っているのだ。

L'Arc-en-Cielの歌で「瞳の住人」ってのがあったのを思い出した。

まあ、人生の中で自分以外から超絶にモテる事はそうそうないだろうから悪い気はしない。

 

ペットは大変可愛いものだが、色々な症状の原因の一つになっている場合がある。今回の場合はテーピングで妥協点を見出せた。

ペットに限らず仕事など、どうにもならない痛みの原因にも、ほとんどの場合妥協点がある。もしお困りならばご相談ください。

急性外傷への伸縮テーピング法の一考察

49歳女性(もうすぐ50歳)

左第3末節骨骨折

酔っ払ってスマホを足に落とし負傷

その他の症状 : 記憶喪失(飲酒後にラーメンを食べたが記憶ない)、旦那さんを尻に敷いている。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190203152224j:image

中指の爪が内側を向いているのがお分りいただけるだろうか。

こういうのがあると歩くときに痛い。

テーピングでほんの僅かな補正をかける。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190203152450j:image

5日後。

中指の爪はまっすぐになっている。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190203152534j:image

再びテーピングをする。かなり痛みは軽減するはず。

週末にディスコでフィーバーできるか?と問う女性に、私は静かに首を振った。

痛みは減ったかも知れないが、骨折が治ったわけではない。もう少し時間がかかる。

 

 

13歳女性

右足関節捻挫

体育の授業で奇妙な動きをしていたところ右足関節を捻転し負傷。

長靴履けない。

その他の症状 : 破天荒で親を困らせる  勉強しない  インドの首都はナマステだと思っている

足関節を構成する骨たちがバランスよく滑らかに動くようテーピング。

長靴履けるようになった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190203153758j:image

画像は1週間後の今日のもの。

 

捻挫の痛みはどうだ?見せてみ。

 

女性はスマホをいじりながら左手を出してきた。

 

足だろ。とツッコミを入れて、靴下脱がし、撮ったのが上の画像である。忘れてたとの事。

私は静かに首を振った。

この女性は捻挫以前にもっと治療すべきところが多そうだ。

 

このお二方はテーピングのみで治るだろうとの判断した。テーピングは引っ張って貼るわけではない。ほんの僅かな張力で皮膚に補正をかける。それだけでかなりの変化がみられる事が多い。

もう何年もやっているが、毎回人間の身体って不思議だなと思う。

焼き鳥

今日の夜は予約があまり入らなかった。

子供たちも塾が休みだ。

母ちゃんは17:45くらいに帰って来るだろう。

 

これは滅多にないチャンスなので平日にもかかわらず焼き鳥パーティーをする事にした。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131193308j:image

我が家は焼き鳥を魚焼きグリルで焼く。

キャンプの炭火焼きもいいが、個人的にはこっちの方が美味い気がする。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131193608j:image

パリッ、コリコリ。中はふわふわだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131193654j:image

うま〜い

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131194314j:image

鳥せいおかわり!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131194334j:image

はいよ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20190131194405j:image

美味い。

焼き鳥焼くのは昔から好きだ。

火加減、焼き具合を確認しながら焼く。

生焼けでは食えないし、焼き過ぎると固くなる。加減が重要なのだと思う。

これって治療にも似たような事が言えるかもしれない。

勉強不足でうまくいかない場合もあるし、欲出して深追いすると悪くなったりする場合もある。余計なことはしないで基本的に素材、個性をいかしていくのが一番いいと思う。自分はただそれを引き出すお手伝いをしているだけだ。その為の日々勉強。

 

うーむ、それにしても美味い焼き鳥であった。

久々に開店した「焼き鳥居酒屋かわしま」は家族に好評でした。飲みに来てください🍻