川島治療院 院長日記

江別市野幌町にある治療院です

スタイルチェンジ

 

漢方薬を扱える店にする目標を立てて、逆算すると、今までの生活スタイルを変えねばならない事がわかった。

まず晩酌。健康のためというより研究、勉強のため、目標達成までの数年間は土日、祝祭日だけにする。人生において、たまにはこういう時期があってもいいだろう。

あとブログ。週2回更新すると決めていたが、結構時間を使う場合もある。イラスト入りならば1〜2時間かかることも。まあ、書いてて楽しいから良かったのだが。今後はほんのちょこっと日記は(自分の思い出の為にも)なるべく週2回更新して、Facebookにシェアするのは役に立つ情報、もしくはアホな超大作ブログのみにする事にした。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200221213216j:image

今、玄米茶と最中という禁断の組み合わせを楽しんでます。

今までノータッチだった日本漢方という方向から眺めると、新たな発見がいっぱい!

鍼灸とテーピングと漢方は禁断の組み合わせになるかな〜

夢は膨らみます。

新たな挑戦

子供達がじいちゃんばあちゃん家に泊まりに行ったので、何年ぶりかの母ちゃんと二人での晩飯だった。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200209134536j:image

近くのエブリにあるエベッツァという店に行った。江別の地ビールノースアイランドビールがリーズナブルな価格で飲み放題である。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200209134955j:image

前菜3種盛り。結構なボリューム。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20200209134950j:image

シラスとネギ、とびっこのピザ

バジルのピザのハーフアンドハーフ。

 

これらをつまみながら今後の方針についての会議をした。

少子高齢化がすすみ、これからさらに保険医療費の抑制がかかってきて、セルフメディケーションの時代になると思われる。そんな時代に皆様の役に立てるよう、漢方薬を扱えるようになろうではないか!

最近、色々な縁があって漢方薬の感動的な威力を見せつけられた。

国家資格取得、2年間の薬店での実務経験、13.2平米以上の独立店舗を作ること、など立ち塞がる壁はかなり大きい。しかしこの出会いは意味があっての事の気がする。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200209151411p:image

母ちゃん行きつけの場末のスナックで二次会。

 

色々大変だろうけど頑張ろう!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200209151631j:image

はっふん、はっふん。と意味不明な言葉を発しながら上機嫌で帰った。

人生折り返し地点以降からの新しいチャレンジ。これから3年間、受験生のように勉強していく予定です。あ、もちろん適度に遊ぶことは忘れずに。

風邪に負けないように!

東京で10年くらい一人暮らしをしていた。

必要最低限なものだけしか作らず、安く腹を満たす事のみ考えていた気がする。でもたまに野菜でも食わねばと思い、ほうれん草や小松菜を茹でて、醤油をかけて食った。いつしかこれがおひたしだと思うようになっていた。たまに野菜を食べる程度の私は、よく風邪をひいて身体が弱い人と思われていた。

 

家族が出来て、炊事当番になってからも、こんな風におひたしを作っていた。子供達にはとても不評だった。

数年前、おひたしの本来の作り方が書いてある本を読む機会があり、恥ずかしながら衝撃を受けた。

醤油をたらした出汁に浸して冷蔵庫でしばらく浸しておく。出汁に浸すから「おひたし」っていうんだ。そのまんまだ。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200205130434j:image

ああ、おひたしってこんなに美味いものだったんだ…

子供達もおひたしを喜んで食べるようになった。

 

それから野菜を喜んで食べてもらえるように勉強をした。

例えば青菜炒め。

ホームセンターで1000円くらいの中華鍋を買ったのは昨年の一番良い買い物だった。野菜炒め系の美味さが飛躍的に上がった。ここまで違うならもっと早くに買っておけば良かったな。

煙りがモクモク立ち込めるほどに熱した中華鍋に、油を放ち、20分くらい水を吸わせた青菜を刻んでまずは茎の部分から放りこむ。

ドキっとするくらい大きなジュワー!!!という音。

塩をわずかにふって、葉の部分も。

あまりいじらず1〜2回ひっくり返すのみ。表面のところどころが焦げるくらいであげる。

時間にして1分くらいだろうか。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200205130958j:image

旨味、水分がギュッとつまった青菜炒めの完成である。わずかな塩だけでとっても美味い。毎回感動する。

 

我が家は野菜を美味しく食べる事に労力を注ぐ。忙しくとも、ここに時間を割く価値はあると思っている。

肉とか魚を「陽」の食べ物だとすると、野菜は「陰」の食べ物になる。人間は食べ物から出来ているので、陰陽のバランスがとれていると外邪をはねのける力を得られる気がする。西洋医学風にいうと、ウィルスに負けない抵抗力をつけるという感じか。毎日恐ろしいウィルスのニュースを耳にする昨今。手洗い、マスクももちろん大事だと思うが、陰陽のバランスがとれた食事もかなり有効な身を守る手段だと思う。

 

我が家は過去5年間、病院のお世話になるくらいの風邪を引いた者はいない。骨折した方が2名ほどいたが…

あ、バ◯は風邪ひかないって言葉がありますね。こっちの方が正解かも知れませんが。

テーピングセミナー

鍼灸の考え方にテーピングを取り入れると結構良い反応が出る事があります。押してダメなら引いてみな、という言葉があるように「引く」というベクトルを出したいときに、テーピングはかなり有効です。気、血、水の巡行ルートをテーピングを使って「引く」ことにより確保する。

今日は耳鼻咽喉科領域のテーピング法の勉強会を行いました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200202162255j:image

マルコテーピング協会の仲間たち。

皆さま、患者さんを良くできるよう切磋琢磨して頑張りましょうー!

 

頭使いまくって喋りまくって喉渇いた。セミナー後に家族でお疲れ様会。水捌け良くするテーピングをして。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200202194022j:image

ぐはーっ!

美味い!何という美味さか。

 

明日からまた頑張ります!

 

みんなのミュシャ

勉強会で東京へ行く時、時間があると上野の美術館に行く。

数年前、ある絵の前で立ちすくんだ。

油絵が多い中、まるで現代の漫画のような画風の美し過ぎる絵。アルフォンス・ミュシャという画家の作品だった。これは美術館を出たら詳しく調べてみよう。覚えるために心の中で名前を繰り返した。「ミュシャミュシャミュシャ…」

美術館を出た。

さて検索してみよう。

「ミ…、ミ…、あれ、なんだっけ?ミ…ミツヒコ?」

 

結局思い出せずに翌年リベンジ。

美術館で絵を前にしてスマホのメモアプリに「ミュシャ」と入れた。今度こそ大丈夫だ。

他の絵もみたくてネットで色々調べた。

 

 

そんな大好きなミュシャの絵が札幌に来るという。

 

 

小雪が降るある日、絵を描く仕事がしたい長女とミュシャ展に行ってきた。イラストの世界の始祖ともいえるのではなかろうか。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200129185927j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200129192118j:image

美術館に入る前、小雪は雨にかわった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200129190041j:image

一枚一枚、ワ〜!すげぇ!と二人で感動して回った。ミュシャに感銘を受けた画家さん達の絵も素晴らしかった。ファイナルファンタジーとかロードス島戦記とかの絵もあり懐かしかった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200129194136j:image

長女もとても感銘を受けたようだ。

私も絵でほんのちょっとのお金をもらった事があるので、絵で飯を食うのはとても厳しい事はわかっている。だが好きならばチャレンジする価値はあるとも思う。うまくいったら父ちゃんをアシスタントで雇ってね。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200129195321j:image

待合室に本を置いときますので、興味ありましたら見てください。

わくわくスキーin日高

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126200816p:image

次女とその友達3人とスキー合宿に行ってきた。

スキー以外も楽しみが盛り沢山。

 

積木。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126201149p:image

わーすげぇ…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126201224p:image

ああっ!

ぎゃあああ〜!!!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126201315j:image

うははは!父ちゃん作、魔王の城!

この後天井に届くくらい高くしたが崩れてしまった。おじさんでも楽しい。翌朝見知らぬ小さな子どもたちと積木で遊んだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126202053j:image

近くの温泉に行って、コンビニでアイスを買って宿に向かう。バックミラーには、座席に収まらず身を乗り出すニッコニコ笑顔たちが見えた。さぞ楽しかろう。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126202438p:image

アイス食って、花札して、お絵かきして…

 

就寝時間になった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126202555j:image

女子力高い子がランタン持ってきていた。

これでヒソヒソ話ですな。

まずはリクエストで恒例父ちゃんの怪談。小学生大好きな下ネタ満載(笑)怪談はご好評を頂けました。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200126203800j:image

絶景スキー場で2日間滑りまくった。みんな上手になった。

 

帰り道。冬の綺麗な夕陽を浴びながらの車内。バックミラーには誰もうつっていない。

全員大きく首を垂れて寝てしまったようだ。気持ち良さそうな寝息が聞こえる。

ああ楽しかった。良い思い出になったね!

植物のお世話をする

好きな映画の一つにジャン・レノ主演の「レオン」がある。

主人公の殺し屋レオンは友達も恋人もいない孤独な殺し屋。危険を感じると住処を変え、淡々と殺しの依頼をこなす日々。

そんな彼がヒロインに出会う前、唯一大事にしているものが観葉植物の鉢植えであり、映画中に何度も観葉植物のお世話をする場面が出てくる。霧吹きをかけ、葉を拭き、快適な陽当たりの場所に移動する。住処を変える時も抱き抱えて移動する。異常な可愛がりっぷりに見えた。特殊な人は特殊な嗜好があるんだなって思っていた。

 

しかし自分で観葉植物の世話をするようになって、レオンに共感出来るようになった。

朝日を浴びた観葉植物の一つ一つに霧吹きをかけ、状態をチェックする。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200122205621j:image

じっくり観察する。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20200122210037j:image

 

忙しい朝に結構時間が取られるのだが、その対価は大きい。終わった頃にはとても清らかな気持ちになる。少女漫画のキャラのような目になって一日を始められる。眠っていた母性が首をもたげる様な感じだろうか。男なのだが…

 

ストレス社会の現代。殺し屋ほどでないにしろ誰しもストレスを抱えて生活している。私はストレスをあまり感じてないのだが、これはストレスに効くと確信しています。

ちょっとお疲れ気味の方には、植物のお世話もおすすめです。