怪談

あれは数年前のお盆。某温泉に泊まりに行った時の話である。

 

通された部屋は古いながらも清掃が行き届いた和室だった。

私には霊感など全くないのだが、部屋に入った途端に何だか嫌な気配がした。治療をしていてたまに「魔法みたい」って言われる事があるが、あれは私の腕がいいだけであって霊力ではない。

 

……すす、すみません、ちょっと言ってみたかっただけです(汗)

 

 

話を戻そう。

 

温泉に入り、ビールを飲んで寝る頃には嫌な気配などすっかり忘れていた。

 

 

深夜…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164103j:image

うぐぐ…!やめろ、苦しい!

綺麗なお姉さんに首を絞められて死ぬなら本望だが、お前のようなおっさんに殺されるのは嫌だ…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164239j:image

ゴボゴボ…!

苦しい…!

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164310j:image

うーん、うーん…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164339j:image

うーん…

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164436j:image

は!夢か…

子供が上に乗って息苦しかったから、変な夢をみたのだな…

午前3時か…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164728j:image

カタカタカタカタ…

 

観音開きの古い物入れが揺れている。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164820j:image

一気に空気が重くなる。

何?

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164915j:image

ガリゴリガリゴリ、ドン、ガリゴリ…

 

こ、これは明らかにおかしい!

きっと貞子みたいなのが出てくる!

 

母ちゃんを起こそう!

 

 

…いや

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726165217j:image

こんな風になっていたら困るからやめておこう。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726165301j:image

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726164915j:image

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726165328j:image

バーン!!

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170726165659p:image

 

 扉が勢いよく開いた。

 

 

 

 ………。

 

不気味な静寂。

 

何もいない…

 

その後、電気を全てつけ、全身硬直警戒モードで過ごした。

朝日をみて安心した。

 

起きた母ちゃんに夜の事を話した。

 

「ああ、聞こえていたよ。ガリゴリガリゴリ、バーン。父ちゃんが夜中にじゃがりこ食って、どこかにぶつかった音で、うるせ〜な〜って思ってた。」

 

 

何だかよく分からない出来事でしたが

この一件からお盆は実家以外行かないようになりました。