陰と陽

なかなかとっつきにくい東洋医学。なるべく専門用語を使わずに書いていきたいと思います。

 

「陰」と「陽」

あらゆるものを陰と陽に分け、対立するものとしました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094657j:image

昼は陽。夜は陰。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094717j:image

背中が陽。お腹は陰。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618094736j:image

男は陽。女は陰。

 

陰と陽とがお互いにバランスをとりながら存在しています。

人間の身体にも陰陽があり、うまくバランスをとって健康を保っています。

例えば、暑い日は汗をかいて身体を冷やし、寒い日は汗腺を閉じて熱が逃げない様にします。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618100422j:image

また陽の中にも陰があり、陰の中にも陽があり、「絶えず動いて変化」します。

 

これは暮らしの中にも生かせる考え方だと思います。

何かに失敗してブルーな気分の時でも、そこで得た教訓から成長するチャンスと考える。

順風満帆な時でも必ず落ち目(盛者必衰)が来る時があるだろうから、謙虚な気持ちを忘れないようにする。

など、陰にも陽にもどっぷり浸かる事なく「絶えず動いて変化する」と考えると少し心が楽かも知れません。

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170618104050j:image

当院では陰陽てい鍼という刺さない鍼で、お身体のバランスをとるお手伝いをさせていただいております。