症例ブログ「疲労感」

許可を得て書きます。

 

71歳男性  全身調整

疲労感、突然前触れなくすごく疲れる

歩行時の左臀部痛(数年前から)

 

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170201112127j:image

【観察】

両足が開き気味だが、左の方がより開いている。

左大腿骨が出っ張っている。

歩行に若干のブレがある(トレンデレンブルグ歩行)。

左臀部に瘀血(血の滞り)

爪に縦皺がある。

 

疲労感は東洋医学的に考えると気虚(気が不足気味)と考えられるのが一般的だが、そうではない場合もある。

動きに元気のなさを感じないし、目力もある。

 

【問診】

目について聞く。

全く問題ないとの事。

しかし、まぶたを見ると若干の問題がありそう…

 

「目にチラチラ何かが飛んでいるとかはないですか?」

「ああ、そういえばちょっと前まであった。」

 

真面目で頑張るタイプの男性の場合、問診に工夫が必要な事もある。我慢強い故に症状が奥に隠れている。

他に聞き出せた情報は、頭のもやもや、最近怒りっぽくなっている。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170201122317p:image

ストレス、イライラなどによる「肝気鬱結」と評価。

 

気の滞りの改善をはかる。

「肝」が正常化すると疲労感も良くなるはず。(西洋医学の肝臓とはニュアンスが違う)

脳も元気になるはず。

肝気鬱結は物忘れなどに進行する場合もあるので、早期改善を図りたい。

西洋医学でも、脳の老化(誰でもなるのだが)の初期に怒りっぽくなると言われている。

 

鍼灸】督脈、任脈、肝経の調整、目と頭、臀部の瘀血

【手技療法】今回は行わず

【テーピング】ベーシック体幹「肝臓」、アドバンス体幹「股関節亜脱臼」、エグゼクティブ体幹「中臀筋」、アドバンス体幹「大腰筋」

 

テーピングをした後、臀部のエクササイズ。(自宅でもやってもらうように)

テーピングが正しく筋肉の収縮をナビゲートしてくれる。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170201133222j:image

分かりにくいかも知れないが、膝のお皿の下のシミが少し内側に移動している。(股関節が少し内側に戻った)

このくらいのわずかな移動だが痛みは取れているはず。

 

施術後、臀部の痛みは消失。

 

頭、目がスッキリ軽い。治るスイッチが入ると施術後にこういう感覚になる場合が多い。

 

後日、症状は大きく改善されたと聞いた。

何回か施術すれば、きっと元気を取り戻すと思う。