不思議な東洋医学?

「ツボ」というのは、みなさんご存知だと思います。

 

健康維持や痛みの治療に際して、指圧したり鍼灸を施す身体のポイントです。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160907151115j:image

 

ツボとツボを結ぶライン(図では赤いライン)を「経絡」といいます。

 

東洋医学ではこの「経絡」に「気」が流れていて、全身くまなく分布する「気」の通り道とされています。

 

この「経絡」に何らかの原因で滞りが起こると色々な症状が現れます。

 

 

照海(しょうかい)

 

陽陵泉(ようりょうせん)

 

など美しい名前が付いたツボを刺激し「気」の流れを改善させていくのが、鍼灸治療です。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160907152313j:image

古代の人々が経験から導き出した考え方。

自然哲学であり、とても身体に優しい治療法だと思います。

 

 

どんどん進化する西洋医学でも、治らない方や、説明がつかない症状でお悩みの方が多いと感じます。

 

目に見えない「気」などというとオカルトチックに思われるのが現在かも知れませんが、東洋医学の考え方で当てはめると意外に腑に落ちる事が多々あります。

 

ん?と思うものが、色々取れたりする事があります。

 

西洋医学も東洋医学もどちらもいいところがあると思うんです。

 

見えない力=怪しい(確かに危険で怪しいものはいっぱいかも…)

ではなく昔ながらの見えない力を考えるなも大切なんだな〜と思う今日この頃です。

 

不思議だけど優しい感じがします。

 

最先端物理学と照らし合わせるのも面白い。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160907165421j:image

 

最近どハマり中です(笑)