時間がかかるもの

バイオレンス治療院の施術録 vol.2】

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803131311p:image

41歳男性

主訴  足が痛くてつけない

週末に家族旅行がある。このままでは一人でお留守番になってしまう。何とかしてほしい。

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803131621j:image

 

みてみると凄い腫れだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803131704j:image

 

病院での検査では骨折はないらしい。

 

レントゲンに写りにくい骨折もあるので、念の為徒手検査を行った。

 

足根骨あたりの限局性圧痛(+)

軸圧痛(+)

軋轢(あつれき)音(−)

異常可動性(−)

 

微妙である。

 

判断するのに問診も大事だ。

 

 

男性は恥ずかしそうに語り始めた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とある会合。

 

神社の境内での焼肉後に、ビールを冷やしていた板氷を子供達が割って遊んでいた。

 

なかなか割れない大きな塊があった。

 

「うぃ〜、ヒック。どうれ、俺にもやらせろ。」

 

ホロ酔い気分の男性はその大きな塊を宙に放り投げた。

 

「こんなもの、俺っちの蹴りで一撃で破壊してやるわ。でへへ…おらーっ!!」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803134146p:image

 

ゴキャッ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803134222p:image

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160803134237p:image

 

一撃で破壊されたのは男性の足だった。

 

爽やかな風が吹く真夏の神社の境内に、男性の悲壮な叫びがこだました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

なるほど、発生機序を考えると重度の打撲、挫傷、捻挫がミックスされているようだ。

 

パッと治るものと、時間がかかるものがある。

 

捻じれをとるとパッと治るもの。

 

修復されるまで時間がかかるもの。

 

この男性の場合は時間がかかるものだ。

 

組織自体が破壊されているので、その修復に時間がかかる。

 

やれるだけの処置はした。

 

症状は軽減した。何とか家族旅行に間に合う事を祈りたい。