読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肘内障

バイオレンス治療院の臨床ファイル vol1・肘内障》

 

 

「先生、せがれが腕をブランとして動かさんくなりよった。」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608143623j:image

以前足首の捻挫で来院されたフグタさんhttp://ameblo.jp/kawashima-seikotuin/entry-12059241611.htmlの息子さんのようだ。

 フグタさん、さらに大きくなったな。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608144041j:image

このポジション。

肘内障か上腕骨顆上骨折か…

 

問診が大切だ。

 

随分ひねくれた面構えだが、母親のフグタさんは確か24歳。

まだ3,4歳というところか。

 

 

「タラオ、3歳です〜。肘が痛いです〜。」

 

3歳なら問診はまだ難しい。

転倒してなったのか、引っ張られてなったのかが重要だ。

 

フグタさんに聞いてみた。

 

「…そういえばこんな事があった。あれが原因かも知れんのう。」

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

スーパーのお菓子売り場。

 

タラオが、「進撃の巨人」フィギュア付きの知育玩具を欲しがった。

 

「うぬにはまだ早い。」

 

「欲しいです〜!欲しいです〜!」

 

「……」

 

「欲しいです〜!欲しいです〜!」

 

「そんなに欲しいならワシを倒して納得させてみよ!」

 

 

次の瞬間、タラオは大きく跳躍し、母親の弱点であるウナジに躍りかかった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608150421j:image

 

「ほう、迷いがない斬撃だ。スピードも良い。だが…」

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608150723j:image

「10年早いわ青二才! !」

 

「ギャーです〜!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今の話を聞くと【肘内障】と判断していいようだ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608151122p:image

腕をひっぱられた時に、橈骨から輪状靭帯(青い部分)が亜脱臼するもの。

まだ骨がしっかり出来ていない5歳くらいまでの小児に起こりうる怪我だ。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160608151902j:image

整復した。

肘内障はすぐに入る事が多い。

 

俺のコレクション「進撃の巨人フィギュア」の一つを差し出した。

 

「わ〜、ありがとうです〜!」

 

タラオ君は痛めた手でフィギュアを取った。

 

 

うむ、上手くいったようだ。

進撃の巨人フィギュアを一つ失ったのは残念だったが、まあいいだろう。

 

フグタさんに 

 

①小児の肘の脆弱性

②腕を引っ張ると再発の危険性が高い事

③たとえ繰り返し再発しても、7歳くらいには骨が成長して抜けなくなるから安心する事

 

を伝え終了とした。