読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体の中心 骨盤

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160311142550j:image

新番組「身体の使い方バイオレンスメソッド」の時間だ。


表題がメソドッになってしまっているが、細かい事は気にしないのが俺の良いところd…
f:id:kawashima-naoya-1203346:20160311142909j:image


「先生〜!あれだけ服着て来て下さいって言ったでしょ〜!生放送なんですよ!
おい、AD!何でもいいから先生の服を持ってきてくれ!」

「は、はい!前の収録はスケバン刑事でしたので、衣装があると思います!」

「急げよ!」




第一回は、身体の中心、骨盤の話をしたい。

今日は骨盤後傾の話だ。

骨盤前傾もあるのだが、それは後日だ。


分かりやすいのは座り方だな。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191451j:image

これは骨盤を立てている座り方。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191613j:image
透かしてみるとこんなふうになっているんだ。


そしてこれが骨盤後傾の座り方。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191547j:image

透かしてみるとこんなふうになっている。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191801j:image
これを骨盤後傾と言う。

長い間この様な姿勢をしていると、立った時もこの骨盤になってしまうと俺は思うんだ。

この骨盤後傾が定着してしまうと様々な問題が起きる。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191451j:image
f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191547j:image

まずは上半身。

肩甲骨が背骨から離れてしまっているのは分かるかな?

こうなると頭が前に出てしまい、頚椎の正常な前弯カーブが減ってしまう。
いわゆるストレートネックというやつだな。

これは首肩や腕の不調に繋がってしまうんだ。


次に下半身。

骨盤後傾が定着してしまうと、腰の筋肉が引き伸ばされて慢性的に腰が痛くなってしまうだろう。

それに屈む時につま先より膝が大きく前に出てしまう。
f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316192501j:image
膝に大きな負担をかける。

太ももの前面の筋肉に過剰な負荷がかかり、筋力低下も起きるんだ。

また股関節の可動性も悪くなり、股関節にも悪い。

また、骨盤底筋という尿失禁に関係する筋肉も弱ってしまうと言われている。


何かと悪い事が起きるので要注意だ。


だけど、ちょっとした日常生活の「コツ」で防げる。


【お尻を深く、坐骨で座る事】だ。


f:id:kawashima-naoya-1203346:20160316191451j:image

何も力む必要はない。

力んだら長続きしないからな。

はじめはしっかり坐骨で座ってから、背もたれに寄りかかるのから試してみてくれ。

慣れてくると、おへその下あたりに意識をおく。

そうすると背もたれは不要になるぜ。


身体の中心の骨盤を意識するのはとても大切だと思う。


色々な症状に悩む方が多いが、まずはここからチャレンジしてみて欲しいんだ。

身体はなんぼでも変えられる!


おーっと、もうこんな時間だ。

また来週!