読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の出来事

保険を使った施術はなかなか厳しい状況になりつつあります。

その中で私は大役を頂きました。

今日の午後は協力して頂ける仲間探しの旅に出ました。急な話だったので今日しか時間がなかった。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170419230647j:image

あるこ鍼灸http://www.arcou0939.com

昔、当院を手伝ってくれた凄腕鍼灸師に色々紹介頂きました。

白石と苗穂の間の線路沿いにあります。お近くの方は是非!

 

生きるために皆さまに喜ばれる自費メニューの導入は必須だと個人的に思います。

美容でもスポーツトレーナーでも何でも得意分野を活かして。

さらにずっと先の未来を見越すと、医療保険自体が先行き不透明かも知れないから、色々な病気に対応出来る技術を養っていく方がいいと思ってます。

 

このご時世にもかかわらず、全然困ってない先生と頑張っていきたい。

 

白石→新琴似→白石→手稲→東苗穂→札幌駅周辺

 

 

 

しかし

 

たくさんフラれました〜(笑)

皆さん忙しいですよね💦

 

営業の仕事って大変なんだなって思いました。

 

昔からモテない私はフラれるのには慣れているのですがね。

 

 

夜は中小企業家同友会の勉強会。

写真技術のセミナーに参加しました。

 

とても勉強になりました!

綺麗な写真を残せるのは素晴らしいですね!

 

そして知っている経営者さんの顔を見てなんだかホッと和みました。

 

皆さん厳しい状況で頑張っている。

 

異業種だけど会うとホッとする。

 

頑張っている人と一緒にいるのはなんか良いと思ってます。

 

 

目のケア

目は大丈夫ですか?

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170415092937j:image 

 

☑︎目がかすむ

☑︎見えづらい

☑︎ショボショボする

☑︎まぶたが重い

☑︎視界にチラチラ何かが飛んでいる

 

今は何をするにしてもパソコンやスマホが必須の時代になりましたね。

非常に便利で手放せない存在ですが、目を酷使し過ぎによる様々な症状でお困りの方も…

 

目は脳と直接繋がってます。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170415101456j:image

体表にあらわれる剥き出しの脳と言っても過言ではありません。とても重要なものであり、ケアが大切です。

 

当院でも多くの方に目への施術をします。帰り道、外の景色が色鮮やかに見えるのは、身体の様々な症状改善への第一歩と考えております。

 

私が目に疲れを感じた時にするセルフケアを紹介します。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170415103239j:image

『太陽』

なんだか凄く効きそうな名前のツボですね。

眉毛と目尻の間から耳へ向かって指を這わせていくと、ちょっと窪んでいるところがあります。

こめかみの少し目よりと覚えると良いかも知れません。

ここを目玉方向に向かい指圧します。(押しすぎ注意)

ツーンと来ますね。

目を閉じて、これを数秒。

結構効きます。

 

眼球を圧迫するのは危険ですのでやめた方がいいです。

 

お近くの鍼灸院に行ってみるのもオススメです!

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170410181122j:image

「患者さんの顔色や脈を診たら、病状をあれこれ聞いて、病態を判断し、どこに病変があるかを理解する。このような診断がよい。」

 

みたいな事が「霊枢」という古典に書かれています。古典ですが患者さんと向き合う姿勢は今もほとんど変わりませんね。

 

脈診について一つ興味深いエピソードを紹介します。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170410182526j:image

曲直瀬(まなせ)道三 1507〜1594

織田信長豊臣秀吉をはじめ名だたる戦国大名を治療した乱世のカリスマ治療家。

 

わかりやすい様に当院ブログキャラ達に俳優をしてもらいます。失礼ありませんように…

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175626j:image

道三  50歳

俺はとある漁村へ往診へきた。

 

「ダァ〜!ぜ、ぜんぜえ、腰がいでえ!」

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175642j:image

脈を診た。

 

……!

変化のない平坦な脈…

これは「死脈」

腰以外は健康そうな青年だが…

事故か戦か。天命には逆らえぬ。

 

「あ、あう、あう〜!」

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175650j:image

脈を診た。

 

…!

この青年も「死脈」…

まさかりが頭に刺さっている以外は健康そうだが…

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175728j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175734j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175739j:image

その後、何人みても「死脈」

これはおかしい。

 

 

もしや

 

 

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170412175751j:image

皆の衆!すぐに荷物をまとめて緊急避難だ!

 

 

その後、漁村は天災により壊滅しました。

 

道三の機転により漁村の大勢の命が救われたという、治療を超えたファインプレイのエピソードでした。

 

尾ひれがついた話かも知れませんが、人体の不思議とロマンを感じる話だなと思いました。

 

春の不調

各地から桜の便りが届く季節になりましたね。

私の部屋の植物もようやく綺麗な花を咲かせてくれました。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170407124519j:image

うららかな春の訪れに心も踊りますが、季節の変わり目には体調を崩してしまう方も多いようです。

 

なんとなくイライラしたり、逆にヤル気が全然わかなかったり、アレルギー症状が悪化したり…

実はこれらは「肝」の不調のあらわれである場合があります。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170408132957j:image

新学期、職場や住まいが変わったりなど知らず知らずに溜まるストレスも「肝」を傷つけます。

 

春は「肝」を優しく労ってあげると良いと思います。

 

【エネルギー過剰の場合】

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170408131341j:image

出てくる症状 …

イライラ、アレルギー症状、高血圧、めまい、頭痛、便秘と下痢を繰り返すなど

対処法 …

⚫︎散歩してリラックス

⚫︎髪をとかして頭皮を刺激する

オススメ食材…

梅干し、キウイフルーツなど(カッカしているのを収斂する)

セロリ、トマト、ナス、キュウリなど(冷ます作用)

花粉症や皮膚炎などアレルギー症状がある場合は、ネギや山菜などをとるのもオススメです。

 

【エネルギー不足の場合】

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170408131113j:image

出てくる症状 … 

ヤル気が出ない、クヨクヨしてしまう、顔色が悪い、疲れやすい、食欲ない、眠いなど

対処法 …

⚫︎気を補う為に朝の散歩

⚫︎血を補う為に夜は11時前には寝る

⚫︎長風呂はエネルギーを奪われるのでやめる

オススメ食材 …

魚介類、鶏肉、羊肉など(血を補う)

山芋、レンコン、クコの実など(身体を潤す)

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170408131512j:image

メイクなどで誤魔化せる場合もあります。

 

……あ、ダメですね。

 

鍼灸などでも不調改善のお手伝いが出来る場合があります。

春を気持ちよく過ごしたいですね!

 

 

 

 

 

 

不眠症

許可を得て書かせて頂きます。

 

59歳女性

【主訴 】…  数年前からの不眠症

【その他の症状 】 …  めまい、イライラ、色々なところに出現する痛み、不定愁訴がたくさん

たくさん薬を飲んでいる

眠剤が効かなくなってきている

 

なかなか寝付けない、すぐに目覚めるなど不眠症をお持ちの方が多いと感じます。

 

【評価】

不眠症は様々なタイプがありますが、今回の場合、何件もの病院を回って改善しなかった医療不信、日々の様々なストレスによって、

「肝」の疏泄(そせつ・気の流れを調節する事)作用の失調→肝気鬱結

ずっと肝気鬱結の状態が続くと、火に変化し「肝火上炎」という状態になり、不眠となってしまった。と評価しました。

 

【施術】

「出た症状にフタをしないで流す」イメージ

まず陰陽てい鍼で全身調整

 

足の少陽胆経「陽陵泉」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170405112643j:image

肝、胆の気の流れが清らかになりますように。

 

足の厥陰肝経「行間」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170405112208j:image

上部にある火事が鎮火しますように。

 

足の少陽胆経「風池」「陽白」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170405155627j:image

過剰な陽気を潜ませ、頭や目をスッキリさせるイメージ。

 

手の厥陰心包経「内関」

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170405155721j:image

心が少し落ち着きますように。

 

【日常生活にプラスするオススメな事】

薬を少しづつ減らしてみる。

気の流れを良くする為に、散歩や掃除をして身体を動かしてみる。

食卓に酸っぱい食べものを少し取り入れてみる。

 

西洋医学を否定する気は全くないですが、なんでも薬で押さえつけようとする(フタをする)発想が良くなかった症例だと思います。

身体の中で悪いものが暴れるのかも知れません。

薬で治らなかったら、東洋医学を試してみるのもオススメです。

 

現在は月一メンテナンスで通われています。

薬も飲んでいないとの事。

「治療費は5000円だけど、計算すると日割りで160円くらい。今までを考えると身体に優しいし、安いです。」

と嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

 

腋臭症(ワキガ)

許可を得て書かせて頂きます。

 

10歳 女の子

【主訴 】腋臭症(ワキガ)

【その他の症状 】食欲不振、便秘気味

脇だけでなく手にも汗を掻く

お菓子大好き

牛乳を水代わりに飲んでいる

 

【評価 】

脂っこい物や甘い物が多いと、身体が消化しきれず余分な老廃物として排泄されず、不要な熱として体内に留まります。

牛乳もとても消化しにくい飲み物で、身体に余分な水分が溜まり、体内の湿度が高くなります。

この「湿気った熱」が「肝」と「胆」に悪影響を与え、ワキに滞ってしまった。

 

【施術】

イメージは「身体の大掃除」

 

最初は陰陽てい鍼で全身調整。治る環境を整える。

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172457j:image

 さらにてい鍼で足の厥陰肝経《期門》、足の太陽膀胱経《肝兪》

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172507j:image

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172514j:image

肝経の募穴。ワキに滞った「湿気った熱」を散らすイメージで運動鍼。

 

足の少陽胆経《陽陵泉》

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172601j:image

肝と胆の気が巡るルートを大掃除のイメージ

 

手の厥陰心包経《間使》

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172611j:image

身体に溜まった老廃物をかき集めるイメージと、大丈夫よ安心してね!のイメージ

 

そして最後に任脈《中極》

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170401172617j:image

膀胱に頑張ってもらい、湿気った熱、老廃物をオシッコで出すイメージ

 

特に痛みとかはなかったが、身体が軽くなったと話されていた。

 

【日常生活指導】

お母様にも東洋医学的評価を理解してもらったうえで、

スナック菓子やファーストフードを控える事

牛乳を水代わりに飲むのをやめる事

食事は質素なものを

身体を清潔にして、ワキの汗を小まめに拭く事

 

 

3日後、2回目。

ほぼ改善されたとの事でした。

 

少し時間がかかる症状と思っていましたが、子供の自然治癒力には時々こちらもビックリさせられる事があります。

 

腋臭症は対人関係に支障をきたす事もあるかも知れません。

 

鍼ってスゴイ!鍼灸師になって良かった!と思えた瞬間でした。

 

 

 

頭痛

42歳男性  

職業  …  治療家

主訴  …  頭痛(一定時間ごとにくるズキンという頭頂部から左側頭部の引きつるような痛む)

その他の症状  …  母ちゃんの尻に敷かれている、友達が少ない

 

友達が少ない為、普段は一人つぼ八のカウンターで飲んでいるらしいが、今回はセミナー後の懇親会で調子こいて飲み過ぎた様子。

翌日の昼食に激辛カレーを食ってから頭痛になった。

 

評価  …  陰陽のバランスの崩壊。

過度の飲酒で脱水状態(陰液の損傷)により、肝の陽気が鬱結。

その後、激辛カレーにより滞った気が一気に頭にファイヤー。

と評価しました。

 

施術  …  

母ちゃんに頼んだら怒られるので、セルフで。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170329180017j:image

足の厥陰肝経「行間」

ファイヤーを鎮めます。

 

f:id:kawashima-naoya-1203346:20170329180009j:image

足の少陽胆経「陽陵泉」

症状が出ているラインの流れを良くします。

 

この2穴に鍼を刺し、放置プレイ30分。

 

やだ、何?この感じ。

 

サワサワと痛みが取れました。

頭が鎮火した感じがして、目がスッキリしました。

 f:id:kawashima-naoya-1203346:20170329182049j:image

 

ストレスによる頭痛もこのパターンで取れるケースもあります。

 

頭痛は皆さんそれぞれ何パターンもあります。

 

男性の場合、母ちゃんの尻に敷かれている、友達が少ないなどの症状は取れなかったようですが

なかなか取れない頭痛は薬よりも鍼灸を試してみるのもいいかも知れませんよ!